« 『女たちへのエレジー 』 金子 光晴 (著) | トップページ | 『幾度目かの最期—久坂葉子作品集』久坂 葉子 (著) »

2008年5月 9日 (金)

『鶏肋集・半生記』井伏 鱒二 (著)



子守り男に背負われて見た、花の下での葬式の光景。
保養先の鞆ノ津で、初めて海を見た瞬間の驚きと感動。
福山中学卒業と、京都の画家橋本関雪への入門志 願。
早稲田大学中退前後の、文学修業と恋の懊悩。
陸軍徴用の地マレー半島で知った苛酷な戦争の実態。
明治三十一年福山に生れて、
今九十二歳の円熟の作家が 心込めて綴った若き日々・故郷肉親への回想の記。

井伏 鱒二 -Wikipedia

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/41140229

この記事へのトラックバック一覧です: 『鶏肋集・半生記』井伏 鱒二 (著) :

コメント

コメントを書く