« 『 宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み』 西岡 常一 (著) | トップページ | 『 暗い旅 』倉橋 由美子 (著) »

2009年2月20日 (金)

『 ダンディズム—栄光と悲惨』 生田 耕作 (著)




かのバイロン卿をして、「ナポレオンになるよりもこの男になりたい」と述懐せしめ、
平民の身で当時の国王や大貴族と対等に付き合い、
一世の流行を牛耳った男、ジョージ・ブランメル。
彼の極めて個性的な生きざまを通じ“ダンディ”なるものの真髄に迫る、
鬼才生田耕作の名著、完全版としてここに復活。



生田耕作 - Wikipedia

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/44111776

この記事へのトラックバック一覧です: 『 ダンディズム—栄光と悲惨』 生田 耕作 (著) :

» 物質的恍惚の世界を描く! [壺中山紫庵]
 今日2月19日は、埴谷雄高の命日である。  小生は彼の本を片っ端から読み、読み [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 11時06分

» 禁断の画家バイロス [サブカル雑食手帳]
発禁本に関する文献を読んでいると必ずといってよいほどその名前を目にする画家にフランツ・フォン・バイロス公爵(1866~1924年)がいる。日本に最も早くバイロスを紹介したのは昭和初期に数々の好色本の出版で名を馳せた梅原北明氏であったとされるが、城市郎氏..... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 20時08分

» 国賊作家セリーヌの戦争論 [サブカル雑食手帳]
「<善>なる戦争なんてない。善は戦わないこと、殺し合わ ない途を見つけることだけです。だから、どんな戦争に対して も、絶対的なノンnonしかない。(中略)『夜の果てへの旅』 の主人公バルダミュもノンを宣言した。よく見えるがゆえに、 見えない人々による汚名を引き..... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 20時11分

コメント

コメントを書く