« 『 18』 大竹 伸朗 (著) | トップページ | 『 スプーク・カントリー 』ウィリアム・ギブスン (著) »

2009年2月 6日 (金)

『スミヤキストQの冒険』倉橋 由美子 (著)





そこは悪夢の島か、はたまたユートピアか。
スミヤキ党員Qが工作のために潜り込んだ孤島の感化院の実態は、
じつに常軌を逸したものだった。
グロテスクな院 長やドクトルに抗して、Qのドン・キホーテ的奮闘が始まる。
乾いた風刺と奔放な比喩を駆使して、
非日常の世界から日常の非条理を照射する。
怖ろしくも愉し い長編小説。


倉橋由美子 - Wikipedia

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/43972808

この記事へのトラックバック一覧です: 『スミヤキストQの冒険』倉橋 由美子 (著) :

» 「倉橋由美子 夢幻の毒想」 [日常&読んだ本log]
倉橋由美子 (KAWADE道の手帖) (KAWADE道の手帖)(2008/11/06)不明商品詳細を見る 倉橋由美子特集みたいなもんなんですが(単行本未収録作品が掲載されて... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 00時09分

» 城の中の城 [はあどぼいるど・えっぐ]
城の中の城 (新潮文庫)倉橋 由美子新潮社このアイテムの詳細を見る 「あなたは私にとって、それがあると思ふだけで安心できるけれど絶対に手を付けることのない定期預金のやうなものなの。絶対に手をつけないといふところが大事よ。満期は私が死ぬ時。その時は全部下ろしてもっていく」 「城の中の城」倉橋由美子  桂子さんは30歳。大学教授の夫・山田氏と2児のある家庭の母である。でありながら見目は麗しく今時珍しい日本風の美人であり、機知縦横に富み主婦業のかたわら洋書の翻訳などしている。料理も一流レストランレベ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 09時32分

コメント

コメントを書く