« 『 女は人生で三度、生まれ変わる—脳の変化でみる女の一生』 ローアン ブリゼンディーン (著) | トップページ | 『 パロマー』 カルヴィーノ (著) »

2009年5月19日 (火)

『 地獄の季節 』ランボオ (著)



16歳にして第一級の詩をうみだし、
数年のうちに他の文学者の一生にも比すべき文学的燃焼をなしとげて
彗星のごとく消え去った詩人ランボオ (1854‐91)。
ヴェルレーヌが「非凡な心理的自伝」と評した散文詩『地獄の季節』は
彼が文学にたたきつけた絶縁状であり、
若き天才の圧縮された文学的生涯のすべてがここに結晶している。


アルチュール・ランボー - Wikipedia



|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/45054880

この記事へのトラックバック一覧です: 『 地獄の季節 』ランボオ (著):

コメント

コメントを書く