« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月19日 (土)

『 V フォー・ヴェンデッタ 』アラン・ムーア (著)



  1997年、イギリスは独裁政権の支配する全体主義国家と化していた。
その影で、謎の男「V」は政府の転覆を狙っていた…!
真の自由を求め葛藤する魂を描く、英コミックの名作。
ウォシャウスキー兄弟製作・脚本映画原作。


アラン・ムーア - Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

『 フロム・ヘル 上 』アラン・ムーア (著)




いわゆる「切り裂きジャック」の連続殺人事件が本作のモチーフ。
ノンフィクション・ノベルに奇想をはめこんだような巧妙なプロットに、
作者の本領たるダイ ナミックな構成力、
奥行きのある世界観・人間観が活かされている。
丹念に再現されたヴィクトリア朝末期の英国社会に、
いくつもの象徴が生み出す複雑な磁場 がはりめぐらされる。
小説的な読み心地と鮮烈な絵の力を兼ね備え、
サスペンスとイリュージョンに満ちた、無類のエンターテインメント。
鬼才として知られる コミック原作者によるグラフィック・ノベルの傑作。


アラン・ムーア - Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 越境 』コーマック・マッカーシー (著)




十六歳のビリーは、家畜を襲っていた牝狼を罠で捕らえた。
いまや近隣で狼は珍しく、メキシコから越境してきたに違いない。
父の指示には反するものの、
彼は 傷つきながらも
気高い狼を故郷の山に帰してやりたいとの強い衝動を感じた。
そして彼は、家族には何も告げずに、
牝狼を連れて不法に国境を越えてしまう。
長 い旅路の果てに
底なしの哀しみが待ち受けているとも知らず
—孤高の巨匠が描き上げる、美しく残酷な青春小説。


コーマック・マッカーシー - Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »