« 2011年3月 | トップページ

2011年4月

2011年4月22日 (金)

『地獄のコウモリ軍団 』バリー ハナ (著)


戦場に地獄を見た五体不満足の兵士。
ホンダのバイクで爆走するウィリアム・バロウズ。
妻(四十歳)のオナニー現場を見てしまった夫。
変態KKK主義老人の愛人に惚れた青年。
チェスをするとオカマ化するパパ…。
生の現実の薄皮一枚向こうに透けてみえる醜悪で滑稽で陰惨でなまぐさい人間の本質。
アメリカ随一の短編名人が腕をふるってじわじわ語る人生の悲喜劇、
どすどす込み上げる黒い笑い!
フォークナー賞作家の悲喜劇コレクション。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

『縄文聖地巡礼 』 坂本 龍一 (著), 中沢 新一 (著)

ぼくたちは、
未来に向かって
縄文の古層へ旅をする

以前から縄文文化に深い関心を寄せてきた音楽家の坂本龍一氏と、
人類学者の中沢新一氏が、
縄文の古層に眠る、わたしたちの精神の源泉に触れるため、
聖地を巡り、語り合います。

諏訪、若狭、敦賀、奈良、紀伊田辺、鹿児島、そして青森へ―――

社会的な状況が大きく変化している現在、
これからのヴィジョンを見つけるために、
ふたりが人間の心の始まり「縄文」へと潜っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

『喪男の哲学史 』本田 透 (著)

プラトンの理想郷はアキバ!?
デカルトは「人形萌え」
萌え逃げの達人ゲーテ
ヘーゲルのセカイ系哲学 vs.キルケゴールのキモイ系哲学
「乙女化」の先駆者アンデルセン
女に捨てられて「俺萌え」に走ったニーチェ
「国家萌え」で悲劇を招いたナチス
喪男の精神に分け入ったフロイト
偉大な思想家はみんな喪男だった!
喪男【モダン】
喪男とは……モテない男、ではなく、モテることを拒否する男のこと
こんな人は必読!
●哲学・思想について知りたい人
●人間の知の歴史について知りたい人
●オタク文化について知りたい人
●いまの恋愛資本主義社会に疑問を感じている人
●自分の存在について深く知りたい人

本田 透

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

『WHAT IS OMA―レム・コールハースとOMAについての考察 』ヴェロニク パテヴ (編集)

本書はレム・コールハースとOMAが担っている役割と意義を明快に洞察している。
建築分野のみならず多分野からも選ばれた国際的に名高い執筆陣が、
社会的・経済的発展の視点からOMAの仕事を分析する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

『シンメトリーの地図帳 』マーカス・デュ・ソートイ (著)

かつて魔法に取り憑かれた少年がいた。
数学という名の魔法に。
巻き貝の殻や呪文のような秘密の文字が書かれた本の中に、
世界を解き明かす鍵があるとしたら?
少年はやがて数学者となる―。
自然界はもちろん、音楽や美術、建築にも、異性に対する好みにさえ現れる「対称性」。
その“シンメトリーの素数”を網羅した「地図帳」を完成させようと
奮闘した数学者たちの姿をユーモラスに、しかし感動的に描く数学ノンフィクション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

『塵に訊け! 』ジョン ファンテ (著)

無頼の作家チャールズ・ブコウスキーがその作品中、
好きな作家として挙げたことをきっかけに再発見されたジョン・ファンテ。
『塵に訊け!』は作者の分身アルトゥーロ・バンディーニを主人公とする
ファンテの自伝的なシリーズの代表作である。
 作家になるべくやってきた夢のカリフォルニア。
社会の片隅に追いやられた人々の生きるロサンゼルスの裏町を舞台に、
バンディーニの夢と焦り、そしてカミラとの恋が、
ユーモアと痛みを交えつつ語られていく。
バンディーニは、さまざまな人種の人間がうごめくロサンゼルスという街を動きさまよい、
自由自在に語る。その語り口は端正かつ軽妙だ。
そして最後に、恋は意外にも苦い結末を迎える。
 長年本国でも絶版が続いていたものの、
現在は人気・評価とも不動のものにしたジョン・ファンテ。
<訳者あとがき>で述べられているように、
ジェイムズ・エルロイがロサンゼルスを代表する作家を問われた際、
ファンテをまっさきに挙げたことからもこの作家のいま位置する場所がうかがいしれるだろう。
『塵に訊け!』の発表は1939年とかなり昔になるが、
ロサンゼルスを描いたアメリカ青春小説の「新しい」古典として読んでもらいたい。
 本書にはその再評価のきっかけを作ったブコウスキーによる<序>が収録されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

『灰色の輝ける贈り物 』アリステア マクラウド (著)

舞台は、スコットランド高地からの移民の島カナダ、ケープ・ブレトン。
美しく苛酷な自然の中で、漁師や坑夫を生業とし、
脈々と流れる“血”への思いを胸に人々は生きている。
祖父母、親、そしてこれからの道を探す子の、
世代間の相克と絆、孤独、別れ、死の様を、
語りつぐ物語として静かに鮮明に紡いだ、寡作の名手による最初の8篇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

『コムデギャルソン (M´EMOIRE DE LA MODE) 』フランス グラン (著)


クリエイター・川久保玲が、70年代の東京で創造したコム デ ギャルソン。
「男の子のように」と名付けられたこのブランドの、
それまでの概念をはるかに超えた魅力あふれる作品を紹介する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

『アートの仕事 太陽レクチャー・ブック004』

絵画、彫刻、デザイン、写真、映像、漫画など、
さまざまな表現方法で作品を発表するアーティストたち。
創作活動をいかに仕事として成立させているのか、
そして創作への熱い思いを率直に語ります。


会田 誠 (著), 池松 江美 (辛酸なめ子) (著), 小谷 元彦 (著), グルーヴィジョンズ (著)
小林 孝亘 (著), 都築 響一 (著), 八谷 和彦 (著), MOTOKO (著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『洛中洛外―環境文化の中世史 』高橋 康夫 (著)

路傍には車屋、公衆便所、井戸あり。小川の上に町家が建つ。
応仁乱後の荒廃の中で住人がつくりあげた京の町と生活を復原。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

『カウガール・ブルース』トム ロビンズ (著)

J.ケルアックと一緒に放浪した。
生まれつきの大きな親指で全米最強のヒッチハイカーになったヒロインの、
破天荒で暖かく、そして哀しい物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ