D:Hot Books(注目度急上昇)

『ミシシッピは月まで狂っている』駒沢 敏器 (著)


  音と風景はひとつだ。
ブルース、ゴスペル、アイリッシュ、そしてカントリーにハワイアン
—南部の綿花地帯からさいはての島アイルランドまで、
アメリカ音楽の源流をめぐる旅が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『乳房とサルトル 関係者以外立ち読み禁止』鹿島 茂 (著)


「マリア」画像の胸の大きさの変化でわかる「乳房」の社会史、
中国宦官の愛憎渦巻く知られざる宮廷秘話、
サルトル著『嘔吐』の主人公が
マロニエの木の 根っこを見て嘔吐した気持ちがわかるという
昨今の若者の心情とは?
過去を振り返り、今を知る。
「エッチ」から「歴史」まで沸き立つ疑問に様々な文献を
繙いていく究極の蘊蓄読本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人類が知っていることすべての短い歴史』ビル ブライソン (著)

宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10-43秒という時間の長さ。
テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、
驚くべき物語が隠さ れていた。
科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、
三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。
科学を退屈から救い出した大傑 作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サラとソロモン』エスター ヒックス (著), ジェリー ヒックス (著), Esther Hicks (原著),

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介します。
 

13,936%  本の売上ランキング: 255 (昨日の売上ランキングは35,793でした)

ある日言葉を話す不思議なふくろうのソロモンが現れ、
サラは幸せな人生を送る法則を学んでいきます。
「君の幸せは、周りの状況で決まるものなの?」
「君 の幸せが他の誰かがやったりやらなかったりするこ
 とにかかっている時、君は罠にはまっているんだ。
 なぜなら、他の人々が考えることや行なうことを、
 君がコ ントロールすることはできないからさ。
 でもね、自分の喜びは他人にかかっているのではない
 ということがわかったら、その時には本当に自由になれるんだ」  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ブロンド美女の作り方』スー・ネルソン (著), リチャード・ホリンガム (著)

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介します。
 

77,291%  本の売上ランキング: 264 (昨日の売上ランキングは204,314でした)


今さら人に聞けない最先端の科学技術がすぐわかる。

クローン人間、瞬間移動装置、タイムマシン、人工知能(AI)、
遺伝子治療、サイボーグ、ブラックホール、人体冷凍保存装置…… 。
空想の世界を舞台にわかりやすく解説する現代科学の最前線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『頭のうちどころが悪かった熊の話』安東 みきえ (著), 下和田 サチヨ (イラスト)

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介します。

107,229%  本の売上ランキング: 77 (昨日の売上ランキングは82,644でした)

もし人生の意味に悩んだらとりあえず食べてみてください。
7つの動物ショートストーリー。
「小さな童話大賞」(毎日新聞社主催)受賞作『いただきます』収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本文化における時間と空間 』加藤 周一 (著)

 

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介します。

7,448%  本の売上ランキング: 31 (昨日の売上ランキングは2,340でした)
 


日本文化の特質とは何か。
著者は時間と空間の二つの軸からこの大きな問いに挑む。
文学・絵画・建築など豊富な作品例を縦横に比較・参照しつ つ、
日本文化を貫く時間と空間に対する独特な感覚—著者はそれを「今=ここ」と捉える—に迫る。
その鋭い筆は宗教観や自他認識へと及び、
この志向が今日の われわれの日常や政治行動をも規定していると喝破する。
日本文化の本質、その可能性と限界を問う渾身の書き下ろし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『米中経済同盟を知らない日本人 』山崎 養世 (著)

  日本が知らずに世界経済が変質してしまったのは、
経済で米中が手を握ったからだった。
米中経済同盟を軸に世界の変化を手に取るように解説。

::関連URL::

山崎養世のBLOG
〜山崎養世が政治・経済・文化・歴史を熱く語るBLOGです〜

『誰のための三角合併なのか』
マル激トーク・オン・ディマンド 第318回(2007年05月02日)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

『算数・数学が得意になる本 』芳沢 光雄 著

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介        

23,086%  本の売上ランキング: 238 (昨日の売上ランキングは55,183でした)



     

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『さらばモンゴロイド—「人種」に物言いをつける』神部 武宣 著

Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品を紹介します。  

80,678%  本の売上ランキング: 347 (昨日の売上ランキングは280,301でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『X51.ORG THE ODYSSEY 』佐藤 健寿著

〜Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品〜

963%  本の売上ランキング: 55 (昨日の売上ランキングは585でした)




結局この人を「なに屋」と分類することはむずかしいのかもしれない。

     エリア51、ロズウェル、エスタンジア、雪男、シャンバラ。
     本書でテーマとしているこれらはいずれも古くから存在する
     逸話であり、この種の話題が好きな人 々ならば、どれもきっ
     と一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。70年代半
     ばから90年代にかけ、これらは幾度となくテレビや雑誌で取
     り上げられ、 一世を風靡しておきながら、結局何が何だか分か
     らないまま、世紀末と共に私たちの前を通りすぎていった。
     そして今では、UFOも宇宙人も雪男も、あたかも サブカルチャ
     ーの一部としておざなりに定着し、
    「結局分からないけれど、ないといっておけば間違いはない」と
     いうのが、良識ある大人たちの暗黙の了解と なっているようだ。
     しかし例え世間では忘れ去られ、地味にミレニアムを迎えよう 
     とも、私はこれらの真相が気になって仕方がなかった。
       (まえがきより)


バカも削れはソリッドになりそれはなにかを突き破るかもしれない。
そんなバカは以下サイトを覗いてみて。

X51.ORG THE ODYSSEY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『伝える力』池上 彰 著

〜Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品〜

144%  本の売上ランキング: 138 (昨日の売上ランキングは337でした)


   商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、
電話での交渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわ
れている日常業務。
仕事の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこう
した基礎をしっかりやるかどうか。
それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに
円滑にするかが鍵を握る。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『PLANNING HACKS!』原尻 淳一著

〜Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品〜

457%  本の売上ランキング: 179 (昨日の売上ランキングは998でした)



  企画づくりの秘密 

優れた企画やアイデアを連発する人たちがいます。
俗にいう「ヒットメーカー」と呼ばれる人たちです。
世間では天才と称され、あたかも生まれながらに才能が
あるように思われがちですが、
そこには秘密があることを多くの人は気づいていません。
企画づくりの秘密。この本で、わたしは偉大な先輩方との仕事を通じて、
見出した「秘密」をみなさんにこっそりお伝えしようと思います。 

| | コメント (1) | トラックバック (2)

『予約のとれない料理教室—「Sento Bene料理教室」の人気イタリアンレシピ』加藤 政行著

〜Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で急激に売上が伸びた商品〜

 

93,766%  本の売上ランキング: 24
(昨日の売上ランキングは22,528でした)


人気の名店「ラ・ベットラ ペル トゥッティ」シェフが開催する、
キャンセル待ちが続く人気イタリア料理教室。
「家庭でつくれる」本格的イタリア料理とプロのノウハウを初公開!    


P.S,はなまるマーケットで紹介されたらしい。
  もともと好調だったのを後押ししたのかも。

::関連URL::

ラ・ベットラ ペル トゥッティ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

A:本という大地(読書遍歴) | B:Between The Lines | C:タイトルの独り立ち | D:Hot Books(注目度急上昇) | E:(ジャンル)ジャーナリズム/ルポタージュ | F:(ジャンル)評論、エッセイ | G:(ジャンル)思想 | H:(ジャンル)建築・インテリア | I:(ジャンル)経済、ビジネス | J-10:(ジャンル)その他地域文学 | J-1:(ジャンル)アメリカ文学 | J-2:(ジャンル)イギリス文学 | J-3:(ジャンル)フランス文学 | J-4:(ジャンル)ドイツ文学 | J-5:(ジャンル)その他欧州文学 | J-6:(ジャンル)ロシア文学 | J-7:(ジャンル)南米文学 | J-8:(ジャンル)アジア文学 | J-9:(ジャンル)アフリカ文学 | J:(ジャンル)小説(海外) | K:(ジャンル)小説(国内) | L:(ジャンル)アート、デザイン | M:(ジャンル)ノンフィクション | N:(ジャンル)政治、経済 | O:(ジャンル)詩 | P:(ジャンル)童話、絵本 | Q(ジャンル)サイエンス | R:(ジャンル)音楽、映画 | S(ジャンル):SF | T(ジャンル):推理、ミステリ | U(ジャンル):短編小説 | V(ジャンル):戯曲、劇作 | W:(ジャンル)紀行 | X:(ジャンル)劇画、漫画 | Y:(ジャンル)文化、民俗 | Z:(ジャンル)虚構、幻想、皮肉、パロディ | ジャーナリズム | 書籍・雑誌