Q(ジャンル)サイエンス

『シンメトリーの地図帳 』マーカス・デュ・ソートイ (著)

かつて魔法に取り憑かれた少年がいた。
数学という名の魔法に。
巻き貝の殻や呪文のような秘密の文字が書かれた本の中に、
世界を解き明かす鍵があるとしたら?
少年はやがて数学者となる―。
自然界はもちろん、音楽や美術、建築にも、異性に対する好みにさえ現れる「対称性」。
その“シンメトリーの素数”を網羅した「地図帳」を完成させようと
奮闘した数学者たちの姿をユーモラスに、しかし感動的に描く数学ノンフィクション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新恐竜』ドゥーガル・ディクソン (著)

6500万年前、恐竜が絶滅しなかったなら…
驚異の進化を遂げ、未だ地球上を支配し続ける。
『フューチャー・イズ・ワイルド』の著者が贈る進化を遂げた恐竜図鑑。

ドゥーガル・ディクソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『君がホットドッグになったら―スケールで覗くサイエンス』ロバート エーリック (著)

惑星サイズの水滴は作れる?
宇宙はどれくらい冷たい?
大きい・小さい、重い・軽い、速い・遅い、熱い・冷たいをテーマに、
この宇宙のあらゆる現象をポップなユーモアと科学の面白さで楽しむQ&A。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 共感覚—もっとも奇妙な知覚世界』 ジョン ハリソン (著)




音楽を聴くと色が見える!
共感覚というのは、音を聞くと色が見えたり、
食事を味わうといろいろな形が見えたりなど、普通は別々に感じられる感覚が二つ、
同時に分かちがたく知覚され る現象を言います。
こういう感覚を持つ人は稀ですが、画家のカンディンスキーや、作曲家のスクリャービンなども、
この持ち主であったと言われています。
大変興味深い現象のため、以前から心理学者に注目されてきましたが、
最近の脳の活動を画像化して見る技術の発展によって、新しい探求が始まりました。
本書 は、この世にも不思議な心の現象に魅せられた心理学者の探求と思索を通して、
共感覚とは何かだけでなく、心理学とはどういう学問なのかをも、
私たちに分か りやすく語りかけてくれます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 妻を帽子とまちがえた男』 オリバー サックス (著)



病気について語ること、それは人間について語ることだ—。
妻の頭を帽子とまちがえてかぶろうとする男。
日々青春のただなかに生きる90歳のおばあさん。
記憶が25年まえにぴたりと止まった船乗り。
頭がオルゴールになった女性…。
脳神経に障害をもち、不思議な症状があらわれる患者たち。
正常な機能をこわされても、
かれらは人間としてのアイデンティティをとりもどそうと生きている。
心の質は少しも損なわれることがない。
24人の患者たち一人一人の豊かな世界に深くふみこみ、
世界の読書界に大きな衝撃をあたえた優れたメディカル・エッセイ。


オリバー・サックス - Wikipedia


| | コメント (4) | トラックバック (4)

『 女は人生で三度、生まれ変わる—脳の変化でみる女の一生』 ローアン ブリゼンディーン (著)



女性と男性では胎児の頃から脳が違うが、
女性はさらに思春期、母親期、熟年期にホルモンが激変して関心や行動が変わる。
熟年期にはエストロゲンの急減で人の世話をやいたり人につくす意欲が低下するため、
50代以上では離婚を言いだすのは女性のほうが多い。
女性の脳に初めて焦点をあて、
女性たちがより有意義な人生が送れるようガイドする、画期的な書。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『 ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト—最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅 』ニール シュービン (著)



私たちヒトの、生物としての歴史を知りたければ、魚に訊くのがいちばんだ。
なぜって、わたしたちの体のなかには「内なる魚」がいるのだから……
「魚が海から陸に上がっていったという学説にとって重要な、ミッシングリンクの発見である」
と世界を沸かせた、
ひじがあって腕立て伏せのできる魚、ティクターリクの化石を発見した著者が、
古生物学から進化発達生物学(エボデボ)、
ゲノムサイエンス、解剖学にいたるまでの成果を縦横に駆使し、
生命進化の謎を探究する営みのスリリングかつ意外性に満ちた面白さを明かす、
極上のポピュラー・サイエンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 マインド・ウォーズ 操作される脳 』ジョナサン・D・モレノ (著)



先端脳科学を使えば、相手の思考を読み取る、思考だけで物を動かす、
記憶をすべて完全に残す、恐怖や怒りや眠気を感じなくする、
外気に合わせて体温を変動させて冬眠する、
炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝に切り替えてダイエットする、
傷を急激に治す自己治癒力を高める、
他人をロボットのように自在に操作する
—といったことが実現する!?
米国防総省国防高等研究計画局DARPAが研究する、
人の脳を電気的に、あるいは化学的、
物理的に操作して人類に革新をもたらすテクノロジー。
これは、SFではない。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

『 世界一高い木』 リチャード・プレストン (著)






世界的なベストセラー『ホット・ゾーン』の著者
リチャード・プレストンが贈る木登りノンフィクションです。
米カリフォルニア州にあるセコイアの森林で
世界一高い115.5メートルの木を探し当てた3人の男たちを中心とした
森林探検家たちのネイチャー・ノンフィクションです。
115.5メートルの高さは最長の動物シロナガスクジラよりも長く、
「世界最長の生物」とも言えるほどです。
カリフォルニア州立大学フンボルト分校の森林学研究者とクライマー2人が
世界一高い木を見つけるまでの探検ストーリーと人間模様、
森林の樹冠をめぐる植物学・動物学の蘊蓄などを展開します。
著者自身も木に登るクライマーの訓練を受け、
高い木に登る感覚を体験し、本書に反映させています。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『変な学術研究 2 活魚で窒息、ガムテープぐるぐる巻き死、肛門拳銃自殺』 エドゥアール・ロネ (著)








悪ふざけで釣りたてピチピチの魚を飲み込んだらなんと窒息死!
ちょっとしたお楽しみのためにガムテープで口をふさいだらそのままご昇天
……誰もが平穏な死を迎えるとは限らない殺伐とした現代で、
不可思議な死の真相を暴いてくれる法医学者たちの冷静な仕事ぶりに密着。
殺人、自殺、病死、事故死などあらゆる死の現場に立ち向かう彼らには涙を流すヒマなどない。
めざすはただ真実のみ! 超ドまじめサイエンス・コラム集


| | コメント (1) | トラックバック (0)

『 変な学術研究〈1〉光るウサギ、火星人のおなら、叫ぶ冷凍庫』 エドゥアール ロネ (著)





欧州宇宙機関は、おなら感知探査機を打ち上げて火星人の存在を確認しようとした。
英国南極研究所は、飛行機が上空を通過するとペンギンが転ぶという噂の真相を確かめるため、
軍隊までかりだして実験をした…
とんでもない笑い話に聞こえるが、当の科学者たちは至極まじめに研究しているのである。
時にイグノーベル賞を受賞してしまうほどの大研究を
なんと54本も一挙に紹介!知の魅力を凝縮したサイエンス・コラム集。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

『自然界における左と右 』マーティン ガードナー (著)






鏡像、回文、利き手、洗面器の底にできる水の渦、
つるの巻き方、立体異性体、原子構造、反粒子と
息もつかせずおどろく程広範囲にわたって繰り広げられる、左右の話。
読者を知的興奮のるつぼにつきおとすことうけあい。

マーティン・ガードナー - Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『系外惑星』 井田 茂 (著)



   1995年、はじめて太陽系外に惑星が発見された。
この発見は、太陽系惑星を中心に組み立てられてきた惑星形成理論を
大きく変更させることとなった。
現在、最もエキサイティングで、
さまざまな発展の可能性を秘めた本分野の魅力と研究の到達点を
あますところなく解説する。


井田 茂  -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『惑星気象学』 松田 佳久 (著)



  太陽系に属するほとんどの惑星に大気が存在し、
様々な大気現象が展開されていることが、
惑星探査衛星の観測等により明らかにされてきた。
このような惑星の気象を、気象学や惑星科学の知識を前提せずに、
全くの初歩から解説。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『惑星地質学』 宮本 英昭, 橘 省吾, 平田 成, 杉田 精司




  近年の探査技術の進歩は目覚しく、
長年地球のみを扱ってきた地質学の対象はいまや地球以外の天体にも及んでいる。
表面地形のみならず、大気環境、内部活動、
生命の可能性までをも探る本分野の最先端の成果を、
カラー画像をふんだんに用いて解説する。    




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ライディング・ロケット(上) ぶっとび宇宙飛行士、スペースシャトルのすべてを語る 』マイク ミュレイン (著)



それは浣腸検査から始まった.
第1期スペースシャトル宇宙飛行士のユーモアあふれる自叙伝.
3回のシャトル搭乗を含む,12年にわたるNASAでの体験を 生き生きと描写する.
エリート飛行士たちの素顔,NASAの組織的問題,
チャレンジャー事故の内実も率直に語る.
スプートニクで宇宙に目覚め,夢を実現し た著者の青春譚.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き』 ニール・F・カミンズ (著)




宇宙旅行は夢ではありません。
現在でも莫大な資金さえあれば宇宙旅行は可能であり、
2010年までに弾道飛行の観光ツアーを実現する計画もあります。

宇宙を旅したら、
どんな状況が待っているのかをシミュレーションしたのが本書です。

本書では宇宙船に乗り込み、
太陽系を旅する宇宙飛行士という設定で
火星や木星を宇宙船から見たときの様子、
宇宙船内や宇宙服の状況、
スペース・デブリの衝突の危険性など、
考えられるさまざまな状況をシミュレートします。

実際に宇宙を旅する気分が味わえ、
最先端の知識も学べる科学ノンフィクション!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『宇宙旅行はエレベーターで』 ブラッドリー C エドワーズ (著), フィリップ レーガン (著)



内容紹介
  2029年、宇宙エレベーターが実現する。
アーサー・C・クラーク、本書を大絶賛!    

      

著者について
  ブラッドリー・C・エドワーズ
シアトル在住。カーボン・デザインズ社代表、
ブラック・ライン・アセンション社CEO。
物理学博士(ウィスコンシン大学マディソン校)。
米国ロス・アラモス国立研究所に在籍中から宇宙エレベーターの研究を開始。
ここ10年ほど、宇宙エレベーター構想の実現に向けて精力的に活動している。

フィリップ・レーガン
イギリス生まれ。
オーストラリア、パース在住の不動産投資信託ファンド・マネージャー。
宇宙エレベーターのアース・ポート建築候補地(インド洋上)に関する
調査活動に従事。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

『生命の劇場』 ヤーコプ・フォン ユクスキュル (著)




  生物を環(めぐ)る境遇としての環境に対して、
生物が環(まわ)りに与える意味の世界としての環世界-
著者の卓抜した認識論が綿密に展開された書。


ユクスキュル-Wikipedia




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『神と科学は共存できるか?』 スティーヴン・ジェイ・グールド (著)



ドーキンスが否定し、ウィルソンが融合を考えた、科学と宗教の関係。
グールドはこう考えました。
科学と宗教は、重なりあわず独立して存在しているが、
その うえで互いに尊重すべき知的体系という関係にある、と。
そして、科学と宗教を「対立構造」で見立てるのが間違いであり、
愚かしい、と主張します。
その立場 を彼は、あえてカソリックの言葉を使用し、
「非重複教導権(マジステリウム)の原理」と名づけ、
本書を貫くテーマにすえます。


スティーヴン・ジェイ・グールド-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『熱血昆虫記—虫たちの生き残り作戦』 バーンド ハインリッチ (著)



  46度の熱に耐え、獲物をあさるアリがいる。
スズメバチを取り囲み、熱死させるミツバチがいる。
暑い砂漠で鳴くセミは「汗」をかいて体を冷やす。
意外と知られていない昆虫の体温調節機能についてわかりやすく解説する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』 オリヴィア・ジャドソン (著)




あらゆる生き物の自然史を、すべての生物に精通するセックスカウンセラーとの文通形式で記述した、抱腹絶倒のセックスガイド。

『Dr. Tatiana's Sex Advice to All Creation』は、
ユニークなセックス・ガイドブックだ。
たとえば、死姦が許されるケースや異種間の交尾のほかに、
性転換のタイミング、単為生殖(処 女生殖)、
恋人を食べるタイミングについて触れている。
もちろん、もっとありふれた問題、たとえば雄の妊娠、
分離可能なペニスなどについてのアドバイスも ある。



| | コメント (0) | トラックバック (3)

『生物から見た世界』 ユクスキュル (著)



甲虫の羽音とチョウの舞う、花咲く野原へ出かけよう。
生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす“環世界”の多様さ。
この本は動物の感覚から知覚へ、行動へ の作用を探り、
生き物の世界像を知る旅にいざなう。
行動は刺激に対する物理反応ではなく、
環世界あってのものだと唱えた最初の人ユクスキュルの、
今なお新 鮮な科学の古典。


ユクスキュル-Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋する植物—花の進化と愛情生活』 ジャン‐マリー ペルト (著)



花には、淑女も悪女も美青年もいる。
サディストやフェティシストだって、ちゃんと存在しているのだ。
ダイエットする植物もいれば、毒をふりまく植物もい る。
トウダイグサにいたってはストリップまでやってしまう。
虫や鳥、そして仲間の植物を相手に、「恋の手練手管」を磨きあげ、
進化させてきた花たち。
植物 の世界は、不思議な出会いやロマンティックな物語でいっぱいだ。
動物よりもあやしく、人間よりも情熱的な、植物の愛情生活に喝采。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『脳はいかにして“神”を見るか—宗教体験のブレイン・サイエンス 』アンドリュー ニューバーグ (著), ヴィンス ローズ (著), ユージーン ダギリ (著)



  脳神経学者である著者のニューバーグとダギリは、
宗教体験を科学的に解明する「信仰の生物学」の研究の結果、
「いわゆる神秘体験は幻覚ではなく、脳神経学的に測定可能な現象であり、
宗教的体験は、ヒトの脳だけに組み込まれた先天的機能である」
という仮説を立てた。
本 書はこの仮説に基づき、ヒトの脳の基本メカニズムを解説した後、
神話、儀式、神秘体験、宗教、絶対者などが、
脳が自己と他者の区別を認識しなくなる「絶対 的合一状態」に由来する
ものだという証拠を示していく。
その鍵になるのが、身体の空間的な位置把握を司る脳の「方向定位連合野」だ。
瞑想における極度の集 中、あるいは「無」の状態が
この領域への感覚入力を遮断し、
特別なモードに入ることが宗教体験を引き起こすというのだ。
多くの事例を交えながら、
平易な言 葉で知的興味を喚起するポピュラー・サイエンスである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『消された科学史 』



  科学的発見の歴史をつくる偶然と必然のドラマをめぐる豪華な連続講演。
「レナードの朝」などで売れっ子のサックス、
グルード、ケヴレス、ミラー、ルーウォンティンらの
読みごたえあるエッセイ5篇を収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『暗号技術大全 』 ブルース・シュナイアー (著)



コンピュータネットワークによる情報通信で使うための、
暗号技術を網羅して解説した本である。
読者対象に、技術者に加えて一般のネットワーク利用者まで含 め、
理解しやすいように配慮している。
技術だけでなく、背景や歴史、関連話題も書き込んであり、
まさに暗号技術の百科事典と言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人間の測りまちがい』スティーヴン・J. グールド (著)



  脳の容量も知能指数も人間の知能を測る尺度とはなり得ない
—頭蓋計測やIQテストなど、
人種差別に根拠を与えてきた19世紀以来の生物学的決定論の誤謬をあばき、
科学者の社会的責任を問う注目のエッセイ。
『ベル・カーブ』批判など5篇を増補。    

スティーヴン・J. グールド-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『子午線—メートル異聞 』ドゥニ ゲージュ (著), 鈴木 まや (翻訳)



  当時バラバラだった単位を統一するために、
パリ-ダンケルク間の子午線の長さを測定する必要があった。
フランス革命の動乱のさなか、
地球観測を遂行した男たちの長編科学ロマン。    



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヴォイニッチ写本の謎』ゲリー ケネディ (著), ロブ チャーチル (著)




  大発見か? 狂気の産物か? それともねつ造なのか?奇想にあふれた古文書、その謎の全貌に迫る!
その写本には、まったく解読できない文字 群と、
地上には存在しない植物が描かれていた。
暗号解読に挑むコードブレイカーたち、
写本のもつ美しさと不思議さに翻弄されるコレクターたち…。
誰が、な ぜ、この写本を残したのか。
イギリスBBCで放映された傑作ドキュメンタリー。
幻想小説を読み終わったときの、不思議な読後感が残る。



ヴォイニッチ写本-Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『喪失と獲得』ニコラス ハンフリー (著)

  サルからヒトへの進化で、記憶力の喪失が抽象能力や言語を生み出し、
体毛の喪失が火の発明をもたらしたという仮説を提唱し、
言語と意識の誕生、憎悪心と宗教心、服従心理、病気と自然治癒力などに、
示唆に富む考察をめぐらす。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヒトは食べられて進化した』ドナ・ハート; ロバート W.サスマン (著)


人類の祖先は勇敢な狩猟者ではなかった.
トラ,ライオン,ヒョウ,ピューマ,クマ,オオカミ,ハイエナ,ヘビ,ワニ,ワシなど
数々の肉食動物に補食されて いた脆弱な生き物だった.
本書は,化石証拠と霊長類研究の成果などをもとに,
多くの人がもち続ける「人類=狩猟者」のイメージを徹底的に打ち破り,
新たな 初期人類像を描きだす.
狩るヒトMan the Hunterから狩られるヒトMan the Huntedへ,
人類史の常識を覆す衝撃の進化論がここに結実!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『時間はどこで生まれるのか』橋元 淳一郎 (著)

なぜ時間は過去から未来に流れるのか。
なぜ過去は定まっているのに、未来は未知なのか。
相対性理論や量子論などの物理学を踏まえたうえで、
こうした素朴な 疑問に答える時間論は、これまで殆どなかった。
現代物理学の知見を考慮しなかったり、
日常の感覚を無視して議論していたためである。
本書は、科学が明らか にした時間と空間の本質を基本としながらも、
人間が日常的に感じる時間の性質を解き明かそうと試みる。
人間的時間と物理学的時間を統合する、目からウロコ の画期的な時間論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『万物の尺度を求めて』ケン オールダー (著)

  パリから各々北と南へ旅立った科学者2人の、
ギロチンや火山の危険を伴う任務とは、
パリを通ってダンケルクとバルセロナを結ぶ、
子午線の長さを測地学的に測量することだった-。
科学者の営みの実際を歴史的エピソードで綴る。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『眼の誕生』アンドリュー・パーカー (著)

    進化論の祖ダーウィンが終生悩んだ謎が二つある。

一つは、なぜカンブリア紀以前の地層から化石が見つからないのか?
もう一つは、
眼という「完璧にして複雑な器官」が進化によって説明できるのか?
本書によって、この二つの問いがふいにつながり、
眼の誕生がもたらした壮大な進化ドラマが見えてきた。


 

5億4300万年前、カンブリア紀の始まりと同時に、
生物は突如、爆発的に進化した。
カンブリア紀の爆発として知られるこの急激な進化は、なぜ起こったのか?
 

その謎に挑んだ若き研究者は、
もともと貝虫類というミジンコなどの仲間を研究していた。
ある日、貝虫がきらりと光る。
その光に魅せられ、生物の体色研究にのめりこんだ彼は、
バージェス動物の体色を現代に甦らせ、
ついにカンブリア紀の爆発の謎にたどりつく。
 

カギを握るのは「光」。光は生物進化にいかなる影響をもたらしたのか?
 

地球最初の眼が見た光景とは?
そして生物学、地質学、光学、化学などの最新の成果から見出した
「光スイッチ説」とは?
画期的アプローチで生命史の大問題に挑む。
まさに目からウロコの興奮と驚き、生命進化の奥深さを実感する書だ。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『意識の探求』クリストフ・コッホ (著)

  自分が見ている「赤」は他人が見ている「赤」と同じ「赤い色」なのか?
人間以外の動物には意識があるのだろうか?
ロボットが人間と同じように意識をもつことはありえるのだろうか?

脳内の客観的な物理化学反応から、
どのようにして、主観的な意識が生じるのだろうか?

みなさん、このような疑問を持った事がありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『風の名前』高橋 順子 (著)

光風、御祭風、雲雀東風、海軟風、風炎、下風、時津風、
青嵐、少女風、玉風、商風、和風、風巻……
日本には二一四五の風の名前があるという。
その中から三八二語の「風の名前」を厳選、
二二八点のカラー写真と、三五編の詩とエッセーで構成する新感覚の歳 時記。
まほろばの国日本の四季を吹く風、思い出の風車を回す心のなかの記憶の風、
はるかな響の歌を運んでくる未知の風。
あなただけの風がきっと見つかる心の一 冊。
話題の「まほろば歳時記」第一集『雨の名前』に続く待望の第二弾。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『雨の名前 』高橋 順子 (著)

世界中で最も「雨」の好きな人種、それは日本人だ。
短歌をはじめ、俳句、小説、民謡、はては歌謡曲まで、
雨をテーマにしたものは数え切れない。
その表現も 北と南、都市と農村など生活の場の違いによって多彩な顔をみせる。
本書では、古来からの「雨の名前」をキーワードに、
詩と短文・写真で、現代日本人の暮ら しのネッコに迫る。
カラー版で楽しむ「辞典+歳時記+エッセイ+写真集」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『人類が知っていることすべての短い歴史』ビル ブライソン (著)

宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10-43秒という時間の長さ。
テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、
驚くべき物語が隠さ れていた。
科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、
三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。
科学を退屈から救い出した大傑 作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『悪魔に仕える牧師 』リチャード・ドーキンス (著)

本書は、科学啓蒙家として右に出る者のないドーキンスが、
一貫した科学的思考をさまざまな現代的話題に適用して綴
った文章をセレクトし配列した、初のエッ セイ集である。
進化論、遺伝子工学に関わる説得力抜群の論評はもとより、
長年のライバル、グールド博士への、節度ある交友関係に
裏付けられた批判や、親し い友人への追悼文、あこがれの地
アフリカへの思いを綴った文章などを通じ、
明晰な科学的思考の多面的な輝きが見てとれる。
ファンも、ドーキンス初体験のあ なたも必読の、
唯一無二の啓蒙書。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『本能はどこまで本能か』マーク・S. ブランバーグ (著)

「本能」という言葉にごまかされずに、
行動とその発達について深く追求していけば、
遺伝子、細胞、行動、物理的・社会的・文化的環境が能動的に相互作用し て、
われわれの行動と認識を形づくっているのが見えてくる。
気鋭の神経学者が「本能」論争を解説し、
行動の起源を探ることの重要性に迫った科学ノンフィク ション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ガリレオの指』ピーター アトキンス (著)

  進化論をはじめ、エントロピー、相対論、量子論、シンメトリーを経て
算術にいたる、現代科学の10の主要理論を、
ポピュラー・サイエンスの名手アトキンスがセレクトし、
そのエッセンスを抽出する。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『赤を見る』ニコラス ハンフリー (著)

  あなたの見ている赤と私の見ている赤は同じものか。
赤の感覚と、感情や知覚との関係は?
進化心理学者が、「赤を見る」というただひとつの経験を通し、
感覚・感情・知覚の謎、そして「意識の迷宮」へと誘う。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『脳は空より広いか』ジェラルド M. エーデルマン (著)

「私」が感じるこの「感じ」、すなわちクオリアは、誰とも共有できず、
どのような精巧なコンピュータでも再現できない。
脳はいかにして、これほどまでに多 様で複雑なクオリアを生み出すのか。
なぜ意識には「私」が生じたのか?
そもそも「心」は脳の活動によって説明できるのか?
神経ダーウィニズム、ダイナミッ ク・コア仮説
—驚くべき理論を次々と打ち出し、
現在の脳研究のあり方を決定的に変えてきたノーベル賞科学者が、
初めて一般向けにやさしく最新の理論を説 く。
スリルと驚くべき知見に満ちた脳・意識論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『盲目の時計職人』リチャード・ドーキンス (著)

  複雑な生物世界は、自然淘汰という、意図をもたない「盲目の時計 職人」が創った。
では、この自然淘汰は単なる偶然の所産なのか?
ダーウィン主義を強力かつ魅力的な論理で擁護する必読の進化論書    

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

A:本という大地(読書遍歴) | B:Between The Lines | C:タイトルの独り立ち | D:Hot Books(注目度急上昇) | E:(ジャンル)ジャーナリズム/ルポタージュ | F:(ジャンル)評論、エッセイ | G:(ジャンル)思想 | H:(ジャンル)建築・インテリア | I:(ジャンル)経済、ビジネス | J-10:(ジャンル)その他地域文学 | J-1:(ジャンル)アメリカ文学 | J-2:(ジャンル)イギリス文学 | J-3:(ジャンル)フランス文学 | J-4:(ジャンル)ドイツ文学 | J-5:(ジャンル)その他欧州文学 | J-6:(ジャンル)ロシア文学 | J-7:(ジャンル)南米文学 | J-8:(ジャンル)アジア文学 | J-9:(ジャンル)アフリカ文学 | J:(ジャンル)小説(海外) | K:(ジャンル)小説(国内) | L:(ジャンル)アート、デザイン | M:(ジャンル)ノンフィクション | N:(ジャンル)政治、経済 | O:(ジャンル)詩 | P:(ジャンル)童話、絵本 | Q(ジャンル)サイエンス | R:(ジャンル)音楽、映画 | S(ジャンル):SF | T(ジャンル):推理、ミステリ | U(ジャンル):短編小説 | V(ジャンル):戯曲、劇作 | W:(ジャンル)紀行 | X:(ジャンル)劇画、漫画 | Y:(ジャンル)文化、民俗 | Z:(ジャンル)虚構、幻想、皮肉、パロディ | ジャーナリズム | 書籍・雑誌