V(ジャンル):戯曲、劇作

『ダウト―疑いをめぐる寓話 』ジョン・パトリック シャンリィ (著)

学校の先生は、ペドフィル(小児性愛)かもしれない…
ある疑惑をめぐり、N.Y.のミッションスクールでは「説教バトル」が繰り広げられてゆく。
本年度ピュリツァー賞、トニー賞受賞作品。

ジョン・パトリック シャンリィ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るつぼ 』アーサー・ミラー (著)

実直な農夫プロクターは召使いの少女アビゲイルと一夜の関係を持ってしまう。
少女はプロクターを我がものにすべく、神の名のもと彼の妻を「魔女」として告 発。
折しも村人の悪魔憑きへの恐怖や日頃の相互不信と相まって、
村には壮絶な魔女狩りの嵐が吹き荒れる……
17世紀の実話に基づく本作は、1953年に発 表されるや
マッカーシズムに揺れる米国に衝撃を与えた。
峻厳すぎる正義の暴走と人間の尊厳に鋭く迫る、巨匠不朽の代表作。

アーサー・ミラー - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『 うまい犯罪、しゃれた殺人』 ヘンリイ・スレッサー (著)



ポーカーで負けたアーヴは、追いはぎに金を盗られたと新妻に嘘をついた。
が、その直後、アーヴを襲っという追いはぎが本当に警察に現われて…
嘘が真実になる「金は天下の回りもの」ほか、
毒を飲ませる親切なウエイトレス、
ボロ家を高額で売り出した老婦人など被害者も犯罪者も魅力に溢れた、
奇抜な着想と絶妙なオチがてんこもり。
TV「ヒッチコック劇場」で使われた作品の中から、
ヒッチコック自身が厳選した傑作集。


ヘンリー・スレッサー - Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『わが町』 ソーントン ワイルダー (著)


ニューハンプシャー州の小さな町に暮らすエミリーとジョージ。
ふたりは善良な両親と近隣の人々に見守られて育ち、
恋に落ちて、やがて結婚の日を迎えた。
しかし幸せに満ちた九年の夫婦生活の後、エミリーの身には…。
人の一生を超越する時の流れのなかで、
市民たちのリアルな生の断片を巧みに描きだし、
ありふれた日常生活のかけがえのない価値を問う。
演劇界に燦然たる足跡を残した巨匠の代表作。
ピュリッツァー賞受賞。

ソーントン・ワイルダー - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『セールスマンの死』 アーサー ミラー (著)




かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、
得意先が引退し、成績が上がらない。
帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理 費。
前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。
夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは…
家族・仕事・老いなど現代人が直面する 問題に斬新な手法で鋭く迫り、
アメリカ演劇に新たな時代を確立、
不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作。

アーサー ミラー -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サンシャイン・ボーイズ 』ニール・サイモン (著)



人気コメディアンだったウィリーも今はわびしい一人暮らし。
甥でマネージャーのベンが珍しく仕事をつかんできた。
だがそれは、回顧番組で往年の名コンビぶ りを見せるもの。
あの憎たらしい相方アルとの共演が必須条件。
ベンの必死の説得で渋々練習に入るが、目は合わせない、
ちょっとした言葉じりをつかまえ対立 する、
二人の意地の張り合いはエスカレート、遂に決裂し……。
人生の黄昏時を迎えた男たちの姿を、
最高のユーモアと哀感をこめて描く傑作戯曲。
解説:酒井 洋子



ニール・サイモン-wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『やけたトタン屋根の猫 』テネシー ウィリアムズ (著)



舞台はアメリカ南部の大富豪の家。
一家の主は、癌で余命いくばくもない。
この家の次男ブリックの妻マギーは、
同性愛の愛人を失ってから酒びたりの生活を送 る夫の愛を
取り戻そうと必死だった。
また、長男グーパー夫婦は、父の病状を知って、
遺産相続を有利に運ぼうとしていた。
—父の誕生日に集まった二組の夫 婦、
母親らの赤裸な性と愛と欲を描くウィリアムズの傑作戯曲。

テネシー・ウィリアムズ -Wikipedia



| | コメント (2) | トラックバック (1)

『革命のメッセージ アントナン アルトー (著)


ヨーロッパの病を見つめ続けたアルトーは、
インディオの文明を継承しつつも革命を体験したメキシコという異世界で、
メキシコの大地を発見し、その延命すべ き道を「文化革命」として提唱する。
「精神と物質」の二元論を糾弾し、知の毛細血管を拡張させる、
3つの講演と現地の新聞に書いたテクスト集。



アントナン・アルトー -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋の骨折り損 』シェイクスピア (著)





ナヴァール王国の若き王ファーディナンドと3人の友人貴族、
フランス王女と3人の美しい侍女達が繰り広げる小気味よい恋愛劇。




ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『お気に召すまま』シェイクスピア (著)



ド・ボイス家の末弟オーランドーは、長兄オリヴァーから逃がれ、
アーデンの森に入る。
オーランドーに一目惚れした前公爵の娘ロザリンドも、
従姉妹のシーリ アとともにアーデンの森へ向かう。
男装し、羊飼いとして暮らすロザリンドを本人とは気づかず、
オーランドーは恋の告白の練習をするが―。
アーデンの森を舞 台に数組の男女が繰り広げる恋愛喜劇。




ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia





| | コメント (0) | トラックバック (1)

『コリオレイナス』 シェイクスピア (著)



ローマの隣国ヴォルサイとの戦いで都コリオライを陥落させた
将軍ケイアス・マーシアスは、コリオレイナスの名を与えられるが、
市民の反感を買ってローマか ら追放される。
行方知れずになった誇り高き英雄は、宿敵オーフィディアスと手を結び、
祖国ローマを攻め落とそうとする。
この企てを知った母ヴォラムニアと 妻ヴァージリアは嘆き悲しみ―。
シェイクスピア最後の悲劇。




ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『オセロー』W.シェイクスピア(著)



元老院議員ブラバンショーの娘デズデモーナと結婚し、
幸福の絶頂にあるムーア人将軍オセロー。
だが、部下イアゴーの策略により、その幸せは無残な結末を迎 える。
ハンカチ紛失事件でデズデモーナと副官キャシオーが
不義の関係にあると確信したオセローは嫉妬に狂った末に―。
シェイクスピア四大悲劇の傑作を待望 の新訳で。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『タイタス・アンドロニカス』 シェイクスピア (著)



ローマ将軍タイタス・アンドロニカスは、
捕虜であるゴート人の女王タモーラの長男王子を殺して、
戦死したわが子たちの霊廟への生贄とする。
これを怨んだ残 る王子二人は、
一転ローマ皇帝妃となったタモーラの狡猾なムーア人情夫、エアロンと共謀。
タイタスの娘ラヴィニアを襲って凌辱し、
なんとその舌と両手を切 断してしまう。
怒り狂うタイタス…—血で血を洗う復讐の凄惨な応酬。
その結末は!?
シェイクスピア初期の衝撃作。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『友達・棒になった男』 安部 公房 (著)



平凡な男の部屋に闖入した奇妙な9人家族。
どす黒い笑いの中から“他者”との関係を暴き出す「友達」など、
代表的戯曲3編を収める。



安部公房 -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ペリクリーズ』 ウィリアム シェイクスピア (著)




求婚しようとした王女とその父の近親相姦を見抜いてしまった時から、
ペリクリーズの波瀾万丈の旅が始まった—。
詩人ガワーの語りという仕掛けのなかで、次 々と起こる不思議な出来事。
苛酷な運命を乗りこえ、長い歳月をへて喜びに包まれる、
ペリクリーズと家族の物語。
イギリスで人気の高い、シェイクスピア最初 のロマンス劇を新訳で。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヴェニスの商人』 W. シェイクスピア (著)



もし借金が返せなければ、その体から1ポンドの肉を切りとらせろ—。
ユダヤ人の金貸しシャイロックが要求した証文が現実となった。
ヴェニスの法廷が下した 驚くべき判決とは?
そして裁判官の正体は?
商業都市ヴェニスとロマンティックな愛の都市ベルモントを舞台に、
お金とセックスの陰喩をちりばめて繰り広げら れる喜劇。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『演劇とその分身 』アントナン アルトー (著)



  バリ島演劇に触発されたアルトーが、
ヴァーチュアル・リアリティ論の先駆け「錬金術的演劇」を語り、
五感を揺るがす「残酷演劇」を宣言する。
『演劇とその形而上学』を全面新訳・改題。生誕百年記念出版。



アントナン・アルトー -Wikipedia





| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ウィンザーの陽気な女房たち』 ウィリアム シェイクスピア (著)



シェイクスピア作品の中で唯一、
同時代のエリザベス朝のイングランドを扱った市民劇。
無類の酒好き、女好き、太っちょの悪党フォルスタッフ。
素寒貧になっ た怪騎士が思いついたのは、金持ちの人妻に言い寄って、
金も恋も思いのままにという企み。
ところが陽気な女房たちの仕掛けに逆にはまってしまって大騒ぎ。
ウィンザーの多彩な面々に懲らしめられるドタバタ喜劇。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (2)

『夏の夜の夢・間違いの喜劇 』W. シェイクスピア (著)



妖精の王とその后のけんかに巻き込まれて、
妖精パックがほれ薬を誤用したために、
思いがけない食い違いの生じた恋人たち
—妖精と人間が展開する幻想喜劇 『夏の夜の夢』。
ほかに、2組の双子の兄弟が取り違えられることから生じる
混乱のおもしろさの中に、ロマンスや、
離別した一族の再開という要素を加えて展 開する『間違いの喜劇』を収める。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (2) | トラックバック (2)

『ロミオとジュリエット』 W. シェイクスピア (著)



モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の舞踏会に忍びこみ、
その仇の家の一人娘ジュリエットと一目で激しい恋に落ちてしまった…。
宿命的な 出会いと、短かく悲しい破局をむかえる話はあまりにも有名であり、
様々な悲恋物語のモチーフとなっている。
その代表的傑作をさわやかな新訳で。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ハムレット』 W. シェイクスピア (著)


デンマークの王子ハムレットは、父王の亡霊から、
叔父と母の計略により殺されたことを知らされ、固い復讐を誓った。
悩み苦しみながらも、狂気を装い、つい に復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる。
美しい恋人オフィーリアは、彼の変貌に狂死する。
数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作の新訳。
脚 注・解説・日本での上演年表付き。


ウィリアム・シェイクスピア -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『女中たち バルコン 』ジャン ジュネ (著)



パリ郊外で実際に起きた惨殺事件をもとに、
盗むように密やかに繰り広げられてゆく「女中たち」。
革命の嵐吹き荒れるさなか、マダム・イルマの娼館につどう
SMプレイの虜たちが幻影を織りなしてゆく「バルコン」。
同性愛文学の泰斗ジャン・ジュネによる、
エロティックでスキャンダラスな代表傑作戯曲集。



ジャン ジュネ -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (1)

『帝国の建設者』ボリス・ヴィアン(著)


〈戯曲集〉単なる風刺や諧謔の域を超えたヴィアンのユニークな戯曲の世界—
—晩年の傑作とされる表題作ほか、
一幕喜劇「メドゥーサの首」「最高の職業」など、
多様な劇作五本を本邦初訳で収録!


ボリス・ヴィアン-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ガラスの動物園 』テネシー ウィリアムズ (著)



不況時代のセント・ルイスの裏街を舞台に、生活に疲れ果てて、
昔の夢を追い、はかない幸せを夢見る母親、
脚が悪く、極度に内気な、婚期の遅れた姉、
青年ら しい夢とみじめな現実に追われて家出する文学青年の弟の3人が
展開する抒情的な追憶の劇。
作者の激しいヒューマニズムが全編に脈うつ名編で、
この戯曲に よって、ウイリアムズは、
戦後アメリカ劇壇第一の有望な新人と認められた。

テネシー・ウィリアムズ -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『楡の木陰の欲望 』ユージーン・オニール (著)



Online Shop & More Detail>>>


十九世紀半ばのニュー・イングランド.
ある農家の上におおいかぶさっている不吉な楡の木の下で,
偏狭な老父を中心に,先妻の息子と淫蕩な後妻とが展開する 愛欲絵巻は,
さながらトルストイの『闇の力』を思わせるほどの傑作で,
従来のアメリカ戯曲には見られない深刻さをもっている.
オニールの最も円熟した時代 に書かれたもの.



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『嘘つき男』 コルネイユ



法律の勉強から逃げ出しパリへ舞い戻ってきた貴族の息子ドラントが,
美しい婦人をなんとか手に入れようと大法螺,
言い逃れ,取り繕いの才能を披露する恋愛 劇『嘘つき男』.
家出息子の父親が,洞窟の暗闇に魔術師の出してみせた,
波瀾万丈の息子の幻想を見守る『舞台は夢』.
古典劇作家コルネイユ(1606- 84)代表喜劇を収録.

コルネイユ -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『海神別荘—他二篇 』泉 鏡花 (著)



美女「ここは極楽でございますか」.
公子「ははは,そんな処と一所にされて堪るものか.
おい,女の行く極楽に男はおらんぞ.男の行く極楽に女はいない」.
かつて芥川比呂志,いま坂東玉三郎演出によって上演された表題作は,
「天守物語」「夜叉ケ池」とならぶ鏡花幻想劇の極致.
「山吹」「多神教」を併収.



泉 鏡花 -Wikipedia




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『貝殻と牧師—映画・演劇論集 』 アントナン アルトー (著)



1920~30年代、すでに銀幕にも舞台にも出没していたアルトーは、
現実に接続した世界を観客に与えるべく、
映画「貝殻と牧師」を手がけ、「アルフレッ ド・ジャリ劇場」を創設し、
今日的な感性にも通用する映画・演劇論を語る。
代表的な映画シナリオ作品を網羅。方法としての現実の皮膚との戯れ。

アントナン・アルトー -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『エレウテリア(自由) 』サミュエル ベケット (著)



舞台はパリにあるクラップ家の居間。
夫妻の悩みの種である息子ヴィクトールの無気力な生活態度をめぐり、
とりとめのない会話が続く。
この作品は『ゴドー を待ちながら』の先行作で、
ベケットが、生前、出版・上演を拒否した幻の処女戯曲。3幕。
エレウテリアとはギリシア語で「自由」を意味する。

サミュエル ベケット -Wikipedia




| | コメント (0) | トラックバック (1)

『夜叉ヶ池・天守物語 』泉 鏡花 (著)



その昔竜神が封じこめられた夜叉ケ池。
萩原はただ一人、その言伝えを守り日に三度の鐘撞きを続けるが…。
幻想と現実が巧みに溶けあわされた『夜叉ケ池』。
播州姫路城の天守にすむという妖精夫人富姫の伝説に取材して
卓抜なイメージを展開させた『天守物語』。
近年新たな脚光をあびる鏡花(1873‐1939) の傑作戯曲2篇。



泉 鏡花 -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『十二夜』 W. シェイクスピア (著)



難破船から生き残ったヴァイオラは身を守るため男装して公爵に仕える。
公爵の恋の使いで伯爵令嬢を訪れれば、
何と彼女は男装のヴァイオラに一目惚れ。
ヴァ イオラは公爵が好きなのに…。
この全員片思い状態、どうなる?
十二夜。
それはどんな馬鹿騒ぎも許されるお祭り騒ぎの日。
こんがらがった恋の糸は、お手本の ような、そしてどこか苦いハッピーエンドへ。



W. シェイクスピア -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (1)

『大胯びらき 』ジャン コクトー (著)



  『大胯びらき』とは、ポピュラーな舞踊上の術語で、
胯が床につくまで両脚を広げること。
だがこの小説では、少年期と青年期のあいだの“大きな距離”を暗示している。
死と青春を描く表題作の他、渋沢訳の戯曲を集めた傑作集。    

ジャン・コクトー -Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

『リチャード三世 』W. シェイクスピア (著)



「口先で奇麗事を言う今の世の中、どうせ二枚目は無理だとなれば、
思い切って悪党になりこの世のあだな楽しみの一切を憎んでやる」。
世界を憎悪するリチャードは実の兄を陥れ、
殺した敵の妻を口説き、
幼な子を惨殺し、
利用しつくした臣下はごみのように捨て—。
奸計をつくして登りつめた王座に、破滅はあっけなく訪れる。
爽快なまでの「悪」を描いた傑作。



W. シェイクスピア -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (1)

『夫が多すぎて』サマセット・モーム(著)



モーム(1874-1965)は「常に楽しんで戯曲を書いた」と語っている.
そして観客を大いに楽しませる作品を書いた.
夫の戦死を伝えられた妻が再婚す る.
そこへ思いがけず夫が戻ってくる
-この戦争のもたらした悲劇を,モームは抱腹絶倒の喜劇に仕立てあげた.
第1次大戦直後に上演され,ロンドンで, ニューヨークで大当りした作品.



サマセット・モーム -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『リア王』W. シェイクスピア (著)



老王リアは退位にあたり、三人の娘に領土を分配する決意を固める。
二人の姉は巧みな言葉で父を喜ばせるが、
末娘コーディリアの率直な言葉にリアは激怒し、
彼女を勘当し二人の姉にすべての権力、財産を譲ってしまう。
老王の悲劇はここから始まった。
シェイクスピア四大悲劇の最高峰。



W. シェイクスピア -Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マクベス 』W. シェイクスピア (著)




スコットランドの武将マクベスは、
荒野で出会った三人の魔女の奇怪な予言と、激しい夫人につき動かされ、
かねてからの野心を実行に移していく。
王ダンカン を自分の城で暗殺し、王位を奪ったが、
その地位を失うことへの不安から次々と罪を重ねていく…。
四大悲劇の一つを新訳で。

W. シェイクスピア -Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シラノ・ド・ベルジュラック 』 エドモン・ロスタン



シラノは学者で詩人で軍人で,
おまけに天下無双の剣客だが美男とは言いかねる大鼻の持主.
この豪傑が「考えまいと思うそばから,あの命取りの美しさ」と
秘 かに想いをかける従妹に,
あろうことか同僚の色男から仲をとりもって欲しいと頼まれる…….
十七世紀の実在の人物シラノはロスタンの劇化でフランス一の人 気者となった.

エドモン・ロスタン-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ペンテジレーア』クライスト (著)



ギリシア軍のトロヤ城攻撃のエピソードから取材した作品.
女人国アマゾネス族の女王ペンテジレーアと
英雄アヒレスとの恋愛の葛藤を主題として,
愛と憎,憧 憬と絶望との交錯を描いた悲劇.
作者(1777‐1811)の特異な個性と深刻な体験とを
芸術的に具現してあますところなく,
もっともクライスト的な戯曲 と称せられる.

クライスト-Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (1)

『悲劇エムペードクレス 』ヘルダーリン (著)



預言者的詩人ヘルダーリンの劇詩.
ゲーテの「ファウスト」が不断の努力によって自己を完成させていくのに反して,一挙に神の許に到ろうとする宗教的天才を 象徴した未完成の作品であるが,
ここにドイツ文学の特性である「悲劇性」はもっとも顕著にあらわれ,
その英雄精神,運命観は,ニーチェ,リルケらにも深い 影響を与えた.

ヘルダーリン-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夜明けの星たち;ベンチ』アレクサンドル ガーリン (著), アレクサンドル ゲーリマン (著)



ソビエト演劇のニューウェーブと称され、
ニューヨーク、パリなど海外公演で大きな感動をよんだ
ガーリンの『夜明けの星たち』。
また「ペレストロイカは彼の 戯曲から始まった」と
評されている劇作家ゲーリマンの異色作『ベンチ』。
前者はモスクワ・オリンピック開催時のソ連には
存在しないはずの売春婦たち、
後者 は公園でふと出会った下層社会の孤独な一組の男女を通して、
国家体制のタブーに挑戦し人間性の真実を衝いた
真に「新しい波」の代表的戯曲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『額の星・無数の太陽』レーモン ルーセル (著)



  文学的栄光をつかむことなく生涯を終えた孤高の天才・ルーセル。
独自の「手法」を駆使して織りなす言葉と物の奇想天外なスペクタクル。
戯曲「額の星」と「無数の太陽」を収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『緑色のストッキング・未必の故意』安部 公房 (著)



共同体に潜む狂気を暴きだす『未必の故意』。
誰が医者で誰が患者なのか、
精神病院を舞台に〈正気〉の根拠を鋭く問う『愛の眼鏡は色ガラス』。
草食人間と なった一人の男の、〈変身〉の行方を追究した
『緑色のストッキング』。
旧版『どれい狩り』を全面改訂、珍獣ウエーの出現を通して
人間存在の不確実性を浮彫 りにする『ウエー(新どれい狩り)』。
文学的緊張と劇的興奮に満ちた戯曲4編を収録。


安部 公房-Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三文オペラ 』ベルトルト・ブレヒト (著)




俗臭に満ちた登場人物たちが繰り広げる一大茶番劇。
悪党が恩赦によって処刑寸前で唐突に救われるという皮肉たっぷりの結末は、
いかにも「叙事的演劇」を唱 えたブレヒト(1898‐1956)らしい。
劇中に挿入された多数のソングは、クルト・ヴァイルによって作曲され、
その魅力と相俟って最もポピュラーな作 品となった。新訳。


ベルトルト・ブレヒト-Wikipedia


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロボット』カレル・チャペック (著)



ロボットという言葉はこの戯曲で生まれて世界中に広まった.
舞台は人造人間の製造販売を一手にまかなっている工場.
人間の労働を肩代わりしていたロボット たちが団結して反乱を起こし,
人類抹殺を開始する.
機械文明の発達がはたして人間に幸福をもたらすか否かを問うた
チャペック(一八九〇‐一九三八)の予言 的作品.



カレル・チャペック-Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『おかしな二人 』ニール サイモン (著), 酒井 洋子 (翻訳)


今日もまた、オスカーの散らかし放題の家にポーカー仲間が集まった。
そこへ仲間の一人フィリックスが妻に逃げられたとすっかりしょげて現われた。
自殺騒ぎ のあげく、やもめ暮らしのオスカー宅での同居が始まった。
以来、部屋はきれいに片づき、うまい手料理が用意され、重宝この上ない。
が、次第にフィリックス の潔癖症の一挙手一投足が気に障りだし…。
ブロードウェイの喜劇王が放つ、軽妙なユーモア満載の傑作戯曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『動物園物語、ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』エドワード・オールビー(著)

ある日公園でピーターはジェリーという男に出会う。
問われるまま家族や仕事のことを話す。
やがて饒舌なジェリーに辟易し、遂に…
不条理な世界に巻き込まれ た常識人を描くデビュー作「動物園物語」。
パーティ帰りの真夜中、新任の夫婦を自宅に招いた中年の助教授夫妻。
やがて激しい罵り合いが…幻想にすがる人間 の姿、赤裸々な夫婦関係を描く「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」。
現代演劇の第一人者の傑作二篇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A:本という大地(読書遍歴) | B:Between The Lines | C:タイトルの独り立ち | D:Hot Books(注目度急上昇) | E:(ジャンル)ジャーナリズム/ルポタージュ | F:(ジャンル)評論、エッセイ | G:(ジャンル)思想 | H:(ジャンル)建築・インテリア | I:(ジャンル)経済、ビジネス | J-10:(ジャンル)その他地域文学 | J-1:(ジャンル)アメリカ文学 | J-2:(ジャンル)イギリス文学 | J-3:(ジャンル)フランス文学 | J-4:(ジャンル)ドイツ文学 | J-5:(ジャンル)その他欧州文学 | J-6:(ジャンル)ロシア文学 | J-7:(ジャンル)南米文学 | J-8:(ジャンル)アジア文学 | J-9:(ジャンル)アフリカ文学 | J:(ジャンル)小説(海外) | K:(ジャンル)小説(国内) | L:(ジャンル)アート、デザイン | M:(ジャンル)ノンフィクション | N:(ジャンル)政治、経済 | O:(ジャンル)詩 | P:(ジャンル)童話、絵本 | Q(ジャンル)サイエンス | R:(ジャンル)音楽、映画 | S(ジャンル):SF | T(ジャンル):推理、ミステリ | U(ジャンル):短編小説 | V(ジャンル):戯曲、劇作 | W:(ジャンル)紀行 | X:(ジャンル)劇画、漫画 | Y:(ジャンル)文化、民俗 | Z:(ジャンル)虚構、幻想、皮肉、パロディ | ジャーナリズム | 書籍・雑誌