« あの時、あの決心を。。 | トップページ | 「楽」と「快楽」 »

2004.07.27

石橋を叩く意味。

「石橋を叩いて渡る」

なぜ石橋を叩くのか?

それはそこにあるリスクを測るためだ。

橋の先に欲しいものがある。

左右を見回しても他に橋はない。

川には濁流が渦巻いている。

あなたはリスクを測る。

トントン、トントンと。

あなたはリクスを測る。

それは向こう岸に辿り着きたいからだ。

決して引き返すためではない。

リスクを測り、そのリスクを冒してまで先に進みたいか、自分の心を試すのだ。

リスクを測り、リスクを承知で橋を渡る。

それは決して蛮勇ではない。

これこそ僕的「石橋を叩いて渡る」なのである。

|

« あの時、あの決心を。。 | トップページ | 「楽」と「快楽」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/1059118

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋を叩く意味。:

« あの時、あの決心を。。 | トップページ | 「楽」と「快楽」 »