« 文明と文化、どちらを希求するか? | トップページ | 酔いしれる »

2004.08.25

身体が応えてくれる事が快感なのだ。

アテネオリンピックがやっている。

メダルがとれたとか、どうだとかそういう話は他にまかせて。

室伏の投擲。

投擲をやったことのない自分でもわかる。

最後の投擲は渾身の力がハンマーにのった会心の一投だった。

そう、あの「会心」こそ快感なのだ。


苦しい(つらいではない)練習なんて忘れてしまう、自分が酔ってしまうような

ぐっと両の拳を握ればパワーがあふれてくるような。


オリンピックの選手達、しかもそのなかで誰も経験していない境地にたってしまう人達。


彼等は僕の知り得ない快感をしっている。


その快感こそ彼等の輝きの源なのだ。

「がんばれ!」とかではない。

とにかくかっこいいのだ。

|

« 文明と文化、どちらを希求するか? | トップページ | 酔いしれる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/1274163

この記事へのトラックバック一覧です: 身体が応えてくれる事が快感なのだ。:

» メダルの意味 [日常茶番劇]
オリンピックを報じる中で 「金が○ヶ、銀が△ヶ…総数◎ヶになりました」 ン~、実 [続きを読む]

受信: 2004.08.28 15:05

« 文明と文化、どちらを希求するか? | トップページ | 酔いしれる »