« なで肩のくせしやがって | トップページ | 繋がり »

2005.04.16

『よくぞ喰ろうてくりゃんした。』

毎朝 仕事のはじまりは

テラスの水やりからはじまる。

最近は事務所の前の小道も冬、空が見えていたのに
今では、グリーンのアーチを描き、トンネルのようなんです。

テラスのグリーンも
あたかも太陽におよばれされているかのごとく、
貪欲にあたりまえに、競って太陽に向かって葉を繁らせ、茎を伸ばす。

テラス全面に水をかける。
すると、まるで、生物の蠢きを感じることができるくらい、グリーンだったり土だったり
のむせるような匂いに囲まれる。

そこには確実にシステムが、地球のシステムがあることを感じる、その連鎖を。

土のなかでは一体この瞬間にどれだけの連鎖が起っているのか、それを想像すると
身震いがする。

そんな想像のあとに、藤原新也さんのこんな言葉がよぎったのでした

『ありがたや、
 ありがたや、
 一皮残さず、骨の髄まで、
 よくぞ喰ろうてくりゃんした。』

人骨をついばむ鳥のショットの挿話です。

いうなれば、そんなショットの連鎖が起っているということ。

それを土のなかに感じたのです。

|

« なで肩のくせしやがって | トップページ | 繋がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/3723650

この記事へのトラックバック一覧です: 『よくぞ喰ろうてくりゃんした。』:

« なで肩のくせしやがって | トップページ | 繋がり »