« その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ | トップページ | 僕の仕事は「できない理由」を告げるのではないだ! »

2005.08.15

D&DEPARTMENT

D&DEPARTMENTのダイナ−に久しぶりに行きました。

昼下がりに行ったののですが、イイ具合に席も埋まって丁度良い活気でした。
D&DEPARTMENTのナガオカさんの理念で人が集まり、それがビジネスとして
成立つということは本当に励みになります。

今回D&DEPARTMENTに行ったのは
『読書をめぐる冒険-R25の章』のsotaさんと本について面白い展開ができな
いかなど、色々話をするため。
色々話は飛んで具体的にって感じではなかったけど、年下にもかかわらず、あ
の飄然と具体的な感じに刺激を受けました。

sotaさん忙しく&暑い中おつき合い頂きありがとうございました。
この場をかりて。。

個人的には、とりあえず、このblogをはじめとする『Anonymous』のコンテ
ンツを充実させ、地道なブランド構築がもっぱらの課題だと再認識しました。

本と言う人の思想や思考を紙によってパッケージングしたモノはやはり不思議
な魅力を持つ。
それは、その「思想や思考」を所有できるという点に特異性を見い出すことが
できる。
そして、ポイントはそれはインプットで、どうアウトプットしていくか、それ
がさらなる面白い展開の可能性だと思う。


ここでも何度か紹介していますが、私というフィルタを通した本に関するMM
(メールマガジン)『Between The Lines』を展開しています。
よかったら購読してもらえると幸いです。

購読はコチラ

↓本文は画像をクリック
shelf

|

« その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ | トップページ | 僕の仕事は「できない理由」を告げるのではないだ! »

コメント

お久しぶりです。
D&DEPARTMENTは一度行ってみたい!と思っていたカフェなんですよ。
なんかリンクしていて嬉しいですねw

投稿: 優子 | 2005.09.10 21:29

D&D

いいでよね〜

本気でいきたくなったら案内しますよ(笑)

投稿: Anonymous | 2005.09.13 00:21

ありがとうございます。
最近はインテリア等見るのが一層楽しいので行って見たいですね。
その時はお願いしますw

投稿: 優子 | 2005.09.14 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/5476430

この記事へのトラックバック一覧です: D&DEPARTMENT:

« その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ | トップページ | 僕の仕事は「できない理由」を告げるのではないだ! »