« 働きマン | トップページ | D&DEPARTMENT »

2005.08.14

その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ

先日出張で北陸のとあるところへ行ってきた。

無事用事も済んだころにはとっぷり日もくれていた。

車は高速を走る。

僕は後部座席で真っ暗のなかの民家の光が次々と過ぎ去る
風景をぼーっと眺めていた。

そのランダムにあらわれる民家の灯がなんとも幻想的で
ちょっとしたトリップをしていたのだけれど、

あたり前のことにハッとした。

ここではこの民家の灯以外に灯りはなく、
その光の数は確実に人が生活している単位なのだと気付いた
のだ。
家族の数だけ、その光があるのである。

多分その近辺の世帯数とその光の数はかなりの高率でシンクロ
しているのではないだろうか。

僕は東京に住んでいる。

光は民家の光、オフィスの光、店鋪の光、ビルボード等様々だ。

民家にしたって、マンションでは、光を放つ単位が密集しすぎて
おたがいに干渉しあって大きな形のわからない曖昧な集合になっ
てしまう。
家族という単位はそこでは希薄になっているのではないだろうか?

それに比べて、この北陸の地では、光の外は闇である。
そんな社会では、家族という集合が外部からある種の独立性を保
持しながら成立っている。

もちろんどちらがいいとか悪いとかではなく、

ただ、普段気にしないその差、それは実は大きな差なのではない
かと思ったのでした。

そして、善くも悪くも、僕はビルが林立するようなそんなところ
で生まれ育ったのだという自分のルーツを思い出したのでした。

|

« 働きマン | トップページ | D&DEPARTMENT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/5458715

この記事へのトラックバック一覧です: その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ:

« 働きマン | トップページ | D&DEPARTMENT »