« 花京院典明にみる孤独 | トップページ | その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ »

2005.08.10

働きマン

2巻がでましたね。

以下名台詞抜粋  ↓

梅宮龍彦(45)
週刊『JIDAI』編集長

「いやー正直しんどいなー
 上は部数伸ばして当たり前だっつーし
 下からは好き勝手なこと言われて
 こっちの言うこと聞いてもらえず
 
 じゃあなんで続けるかって?

 ..............

 そりゃあ
 アンタ
 アレだよ

 楽しいから!!」

つらいってのは、人との軋轢、つまりは対社会とやりとりを
してるってこと。

それでもなお、楽しいと言い切れるってのは
自分の意志でそこにいるということ。

社会と個人がいいかたちで存在してるってこと。

それって重要。

大抵、自分の意志でそこにいない人に、社会とのいいかかわりは産むこと
なんてできない。

|

« 花京院典明にみる孤独 | トップページ | その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/5400000

この記事へのトラックバック一覧です: 働きマン:

« 花京院典明にみる孤独 | トップページ | その光ひとつひとつが生活の単位だったのだ »