« ジャッキー・ロビンソンからバリ−・ボンズそして、ビリー・ホリディへ | トップページ | “怖いね”と言うだけでディナーを続ける。 »

2006.01.28

そしてビリー・ホリディからホリエモンへ。

ホリエモンが逮捕されましたね。

個人的には彼らが既成権力に首根っこ押さえ付けられた
そんな結末にしか見えませんでした。

彼らのやり方では世の中を変えることはできなかったのね、
という気分なので普通にブルーはいってます。

ジャッキー・ロビンソン
ビリー・ホリディ

彼らに震えた話を書いた。

それは個人対個人の関係であり、
それが、ホリエモンたちの方法と違うやりかたとして、世の中を
変える力を持っているのだろうか?

既存権力が入り込む余地のないアジールを
築くことはできるのだろうか?

そんなことを考えると世間は青臭いと鼻で笑うのだろうか?

たしかに僕は青い。

オヤジは僕のことをぼっちゃんだと、その昔いいはなった。

自分の才能がないことが最大の不幸だなんて思っているやつは
ぼっちゃんなんだ

彼はそう言い放った。

だが、彼は決して

ぼっちゃんじゃなくなれなどとは言わなかったと記憶している。
青さを捨去れ、と教えられた覚えはない。

強さは、
世の中を渡る強さは
青さと引き換えにしか得られない、
僕はそうは思わない。

それは種である、青さは種である

そう考える。

それは姿を変える。

だけどそれを捨て去るのではない、それは変容しているのだ
変体しているのだ。

彼がバットとグラブとボールを信じ続けたように
彼女が彼女の声とリズムを信じ続けたように
彼と彼女が見ず知らずの人の両手がおこす拍手に感謝したように

彼らは総じて彼らのなかの種からそれらを発したのだ。

だが、種が埋まるその土壌なくして種は育たない。

空気がないと、光がないと種は死んでしまう。
水がないと枯れてしまう。

自分の種を育て花を咲かすには、
より良い土壌を確保しなければならない。

それは自分だけを考えるのではい。

僕の種の埋まる土壌には誰かの種もあるのだから。
僕らにとってその土壌とは文化と言い換えることができるだろう。
いい土壌には素敵な花が咲き、
その後にはその後継者が土壌に深みを与え続けるだろう。

彼らのすごいところは
自分の種を育て花をさかせただけでなく、土壌まで作ってしまった
ところだ。
そうだ、彼らはそれを作ったではないか。
そして彼らのあとにも花も咲いたではないか。

今、この時空に、この土壌に一緒にいてありがとうと言える人と繋がり、
まして、ありがとうと誰かに言われる。

彼らに続きそんな関係を作っていきたいと強く思うのだ。

 

|

« ジャッキー・ロビンソンからバリ−・ボンズそして、ビリー・ホリディへ | トップページ | “怖いね”と言うだけでディナーを続ける。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/8371784

この記事へのトラックバック一覧です: そしてビリー・ホリディからホリエモンへ。:

« ジャッキー・ロビンソンからバリ−・ボンズそして、ビリー・ホリディへ | トップページ | “怖いね”と言うだけでディナーを続ける。 »