« そしてビリー・ホリディからホリエモンへ。 | トップページ | 一方的な贈り物は遅れて届く »

2006.02.25

“怖いね”と言うだけでディナーを続ける。

映画
ホテル ルワンダ』をみてきました。

これは

1994年にルワンダ内で100日で100万人とも言われる大虐殺が
おこり、それを題材としたノンフィクションである。

主人公はルワンダ内の大勢派のフツ族ポール
彼はベルギー系の国際ホテル「ミル・コリン」の支配人。
しかし、彼の妻タチアナは虐殺の的となってしまったツチ族だった。

彼は裏切り者のレッテルを貼られ、同じフツ族から懸賞金をかけられる
立場となりながら、持ち前の機転と、軍や国連、世界のマスコミとのコ
ネ、そして、財力を用いて、家族だけでなく、行くあてがなくなり、
ホテルへ流れてきた難民、孤児総勢1200人もの楯となり守り抜く姿を描
く。
そのコネも絶対的な効果なんてない。気休めに近いものだ。
そんな薄氷のカードのみで血に飢えた群集の格好のターゲットとなって
しまった「ミル・コリン」を守ることができるのか。

そんなとき、欧米のカメラマンが虐殺の映像を入手。
ポールはそれを全世界で放映すれば、必ず全世界から援助の手がさしの
べられるに違いないと確信する。
しかし、そのカメラマン本人は
世界の人々はあの映像を見て“怖いね”と言うだけでディナーを続る
だろう。
」と恥じながら欧米人のみを救援にきた車に乗り込む。

事態はまさに、その預言どおりどんどん悪化し、
彼の財力もコネの有効性もそこを尽きていくのだった。

         
        
      
        ・・・

ところでこの映画にちょっと興味をもち公式サイトをのぞいてみたのが
是非、この映画をみようと思うきっかけだった。

http://www.hotelrwanda.jp/index.html

ちなみに、日本での放映も危ぶまれていたのだが、
ホテルルワンダ』日本公開を応援する会の努力もあり日本放映も現実
化したという経緯もある。

http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/index.html

ちょっとまてよ、この映画の公式サイトをみて正直驚愕した。

1994年って12年前じゃないか。

自分だって十代後半、その意味を咀嚼できるほどの年齢だ。
だけど僕はそんなことはまったくもってしらなかった。

南京大虐殺レベルのむごたらしい事件が起っていたことなんて。

しかも、民族学的にいうとかなり近い民族による虐殺、近親虐殺なのだ。

映像にはほとんどでてこなかったけど、その虐殺の手口がすごい。

基本的に鉈での虐殺。

つまり、原爆を使ったり、兵器を用いることなく原始的に獲物を
狩るように(映画内では虐殺されるツチ族は「コックローチ」(ごきぶり)と表現されていた。
 虐殺した側のフツ族ももちろんアフリカン、黒人である。)
殺されたのである。ひとりひとりがひとりひとりを手にかけ
て殺めた結果100万もの命が犠牲になったのである。

12年前だよ?

その背景にはやはり列強に散々に翻弄されていた過去がある。
大戦後にルワンダを報賞として得たベルギー、その体制下で優遇された
もの、冷遇されたもの。その差なんて、ちょっとした、体躯の差。
ちょっと欧米人に近いかどうかなんてレベル。

人間としての価値など彼らには与えられなかったのである。

この事実をなんと表現すれば良いのか、僕はその手立てが浮かばずに
いる。

        ・・・

この映画をみて僕らになにができるだろう?

例えば想像してみる。

こんな深夜、今まさにルワンダで100万人の犠牲者を出す虐殺が
行われているとニュースで知るなんてことを。

明日からの日常を捨て、自費でルワンダに飛びますか?
ネットで「ひどい!」と綴りますか?
日本国に訴えますか?

例えば言ってみる。
「恥ずかしい」と。
でも、「恥ずかしい」なんて吐きながら、言葉だけを置いて安全地帯
に逃げることができる。

僕らがこの極東に住む僕らがこの映画をみて感じ得ることは

アフリカってのが遠いってこと。
虐殺ってのが遠いってこと。

でしかないと思う。

もし、近いと感じるのであればそれは僕らが接してきたメディアから
そう感じるだけなのではないだろうか。

僕は鉈で人を殺すということが想像できない
僕は鉈で親愛な人を殺されることが想像できない
僕は死の地に誰かを置き去りにすることを本当には想像できない

へたをすると、それらはあるひとつのノンフィクションというくくりで
僕らは摂取してしまうのではないだろうか。

それこそ「怖いね」といいながら。

きっと遠いから
簡単に涙を流せるのだ。
簡単に憤りを感じることができるのだ。

きっとひとごとだから、客観的に正論を吐けるのだ。

僕はスクリーンとの遠さを噛みしめた。
それを噛みしめ、劇場からでると、涙なんてない。
途方にくれるというか、絶句というか、、
どうしていいかわからないというのが正直だった。

この日本から急にルワンダに心も体も飛ばすなんてむずかしい。
飛ばしたとしたって「恥ずかしい」というはめになる。

そうではなくて、この日本から、バトンを繋ぐようにして、
皆で手をつなげるような、そんな日常的な念いを持つことが
大切なのではないかと思った。

        ・・・

人を殺し、奪う。
そんな惨たらしい行為は異常な集団心理からうまれるなら

きっと、逆もありえる。
人を愛し、住まう。
そんな平凡な生活は日常の集団心理。

誰かを見捨て、殺すような状況を許さないのではなく
そんな状況を作らない

誰かを見捨てない、殺さない勇気も大切だけど
そんなことで誰も苦しまない世界を作る叡智を

虐殺を繰り返している人間という種を
滅び行く罪深い種だと恥じるのではなく

回避することが大切なのではないかと思うのです。

(人は今までどれだけの人を殺してきたのだろう。
それが罪で断罪されるならとっくに滅びている。
その罪は残された人の苦しみでつぐなっているのかも
知れません。)

例えば芸能人が結婚したニュースの後にこんなニュースが
流れたものを受動的に摂取したのと

わざわざ映画館まで足を運んで、座って、もしくは立って
この映画をみたのと

この差はとてつもなく大きい。

僕らの国が本当に平和な国というのであればそれを恥じることはない。
それを広めていけるよう僕らは幸せに生きるということを真剣に考える
義務があるのではないだろうか。

日本での放映を可能にしたスタッフの方々にひとまず御礼を。

ありがとうございます。

        ・・・

エンディングに流れる音楽『MILLION VOICES』。

アメリカはUnited Statesという
イギリスはUnited Kingdomという

なのになぜアフリカは王国を集めてKingdomを創れないのか。

太陽はいつ手に戻ってくるのか。

と痛切な声で歌う。

想いを希望をこうやって人は音楽にのせ、言葉にのせ語る
素晴らしい能力を持っているではないか。

そんな能力を
そんな能力によって産み出されてきた数々のマスターピースを
糧に

生きていきたいと

切に念うのです。

|

« そしてビリー・ホリディからホリエモンへ。 | トップページ | 一方的な贈り物は遅れて届く »

コメント

とても力強いコメントですね。
映画の持つ力というものに
改めて気づかされた思いです。

投稿: えい | 2006.07.29 15:09

えいさん

コメントありがとうございます。

この映画で心に響いたことを実践しなければならない

そんなことのないように

そのために

僕らはこの映画をみた

そうありたいですね。

投稿: Anonymous | 2006.07.29 21:22

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
この映画は、jamsession123goには相性が悪かったのですが、ブログでは評判がよいようで、書いたレビューに風当たりが強かったですね。

投稿: jamsession123go | 2006.08.02 20:46

こんにちは、jamsession123goです。
ブログへコメントありがとうございました。
jamsession123goもAnonymous さんのような感覚を持ってます。
でも、それをはっきり言うことは、第二次大戦時に反戦を訴えることと同じで、かなり反発&黙殺を食らう可能性がありますね。
しかし、自由に論評したいと思って、あえて、「想像力の欠如」的なレビューを書いてみました。
また、遊びに来てください。

投稿: jamsession123go | 2006.08.03 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/8827569

この記事へのトラックバック一覧です: “怖いね”と言うだけでディナーを続ける。:

» ホテル・ルワンダ [It's a Wonderful Life]
映画が感覚的に「事実を伝える」重要なものの一つだと いう事を再認識させられました。 昨年アカデミー賞の録画を観た時に、候補作紹介の映像で 最も力強く引き込まれた作品がこの映画でした。 日本公開の署名運動を知ったのは公開が決まってからで、参加出来ま...... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 13:52

» 『ホテル・ルワンダ』 [ラムの大通り]
「憎しみからは何も生まれない」 ----これってインターネットの署名運動によって 日本公開が実現した映画だよね。 「そう。昨年度のアカデミー賞で ドン・チードルの主演男優賞ほか 全3部門でノミネートされた話題作だ」 ----そんな映画なのに なぜオクラ入りしそうになったの? 「まず一つは 遠いアフリカ大陸での フツ族によるツチ族への虐殺と言う きわめてヘビーな内容だったこと、 さらには主演がビッグネームではないこと、 そ�... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 15:10

» 『ホテル・ルワンダ』〜Mission to Conscience〜 [Swing des Spoutniks]
『ホテル・ルワンダ』公式サイト 監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ ホアキン・フェニックスほか 【あらすじ】(goo映画より)フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれよ...... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 16:34

» 「ホテル・ルワンダ」 [或る日の出来事]
インターネットのコミュニティmixiから始まって、上映を求めるためのホームページでの署名運動に広がり、とうとう日本での劇場公開が決まった作品。 私は、この映画のことは、2004年の12月には知っていた。ナシ... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 18:50

» ホテル・ルワンダ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
映画ファンの署名活動が実って、日本での劇場公開が実現したという話題の映画作品です。 かなり政治色の強い内容になっている作品だけれども、各地の映画祭などで賞を取ったため、権利が高騰し、配給会社が買い付けに難色を示していたのだとか。それでも、この作品を海外で見た... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 20:40

» ホテル・ルワンダ [シャーロットの涙]
「よかった」とか、「感動した」とかそんなことじゃない何か…。言葉が見つからない。やるせなさと哀しさと恐さ・・・またそれ以上になんて言ったらいいのか。 涙腺弱いのを自分で認めているので、前評判からしてどんなに泣くのかとちょっと恐かった。しかし・・・泣くなんていうことより、凍りついた。全身で震えた。涙を流すことより、まず心が痛くて息をするのが苦しかった… 1994年ア�... [続きを読む]

受信: 2006.07.29 22:59

» ホテル・ルワンダ [メルブロ]
ホテル・ルワンダ 上映時間 2時間2分 監督 テリー・ジョージ 出演 ドン・チードル ソフィー・オコネドー ホアキン・フェニックス ニック・ノルティ ジャン・レノ 評価 10点(10点満点)  渋谷のシアターNで鑑賞。水曜は誰でも1000円なので。場所的にはちと駅...... [続きを読む]

受信: 2006.07.30 00:38

» [ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか [アロハ坊主の日がな一日]
[ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004年度アカデミー賞の主要3 部門(脚本賞、主演男優賞、助演女優賞)にノミネートとい う快挙を成し遂げる。アメリカでは公開されるやいなや翌 月には拡大公開されるほどの大ヒット作品だったにもかか わらず、日本では公開のメドが立っていなかったとのこと。 ... [続きを読む]

受信: 2006.07.30 00:44

» 『ホテル・ルワンダ』 [映像と音は言葉にできないけれど]
この映画は今から十数年前のルワンダで起こった内戦の真実を映画化したものです。昨年のアカデミー賞男優賞ノミネートでは、ディカプリオ、イーストウッド、フォックス、デップの名前と並んでドン・チードルの名前がありました。この頃から見たかったこの映画。しかし日本で..... [続きを読む]

受信: 2006.07.30 06:41

» ホテル・ルワンダ [きょうのあしあと]
「ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った」 監督、脚本:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティー、ホアキン、フェニックス 劇場:CINECITTA\' 公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/index.html ■作品について 1994年にルワンダ国内で起きたフツ族、ツチ族を巡る、大虐殺事件を題材にした作品。去年のアカデミー賞にもノミネートされている作品ですが、もともと日本では公開される予定はなかったところを、「『... [続きを読む]

受信: 2006.07.30 23:04

» ホテル・ルワンダ [雑記のーと Ver.2]
「ホテル・ルワンダ」を観た。 「愛する家族を守りたい。」ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った...。  1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 01:06

» 『ホテル・ルワンダ』★★★★★★★★★★(10点) [ginpeichanの映画日記。]
1994年の、アフリカ・ルワンダにおける100万人にも及んだ大虐殺事件において、 自身の家族をはじめとする1,200人超のフツ族、ツチ族、 そしてその孤児たちをホテルに匿って守り抜いた実在のホテルのマネージャー、 ポール・ルセサバギナを描いた渾身の一作、『ホテル・ルワンダ』です。 はじめに言っておきますが、この映画、傑作です。 何の自慢にもならず、単にヒマ人であることの証明であるかもしれないけど、 僕はこの数年間、アベレージで年間100本以上の映画を観ているけれども、 これほどの作... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 02:12

» ホテル・ルワンダ [映画とはずがたり]
1994年にルワンダで実際に起こった大量虐殺事件の中、 良心に従い、その勇気ある行動で、 1200人もの尊い人命を救った、 「アフリカのオスカー・シンドラー」とも言うべき人物を 描いた、映画史に残る衝撃作!! STORY:フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が 終息、...... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 20:41

» 映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ-アフリカは、遠い。 大都市での公開から遅れること数ヶ月。 ようやく観れた「ホテル・ルワンダ」。 jamsession123goの住む地方都市にも、評判が浸透しているのか...... [続きを読む]

受信: 2006.08.02 20:44

» ホテル・ルワンダ [Literally Memodesuko Mudaidesuvic]
昨日、「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」の2時間後に観た。実は観るつもりはなかった。正直「いまさらもういいよ」とか思ってた。でも、井筒監督が「虎ノ門」で「観にいけ!」って言ってたし、興行成績に貢献しよう!と思って行った。たいして入ってないかと思ったら、小さいところだけど毎回超満員みたい。「ホテル・ルワンダ」公式ページ  「ホテル・ルワンダ」日本公開を応援する会 思ったより淡々と普通に描いててびっくりした。アーティスティックにしようとしてなかった。やはりまだ10年前ということで、... [続きを読む]

受信: 2006.08.03 22:03

« そしてビリー・ホリディからホリエモンへ。 | トップページ | 一方的な贈り物は遅れて届く »