« このひとたちの 音は言葉は | トップページ | つまり僕の現在と未来に属する理念だ。 »

2006.04.23

僕は本を読んで”負ける”事が好きだ。

『ぼくは、インドでヒッピーと出会うたびに、劣等感に悩まされ続けたのである。
 インドのようなところで<生>の行為のみをよりどころとする人間の前に立てば、
 行為をいつも表現に結びつけようとする者は、まことにぶざまである。
 ぼくに関して具体的にいうなら、ヒッピーに向ってカメラを向けるときの耐え
 がたい屈辱感がそれを示す。
 

          ・・・

 ヒッピーに限らず、世界のどこにでもいる若者の多くは、死の進行中、横道に
 それた野ネズミのように、なんとなく中途半端な気持で会社に行ったり、学校
 に行ったり、絵を描いたり、文を書いたり、写真を撮ったり、音を出したりし
 ているのではないだろうか。
 技術的活動はいうにおよばず、芸術的行為さえもしらじらしくて見ていられな
 い今日、あの荒涼とした土地に、ひたすら行為を求めているかに見える若者の
 中にも欺瞞が見い出されても不思議じゃない。』 

                         『印度放浪』 藤原新也

藤原新也はかの地で23の時にこうやって”負け”を味わった。
それは我らの国に対する憤りでもなく、事実であり、若者特有の、いや、心に若
さを備えた者の悟りであると言える。
僕らが感じる漠とした疑問。
それを彼は<生>の国から輸入してきた。
生と死のコントラストがまばゆい印度より。
死という終着駅がぼんやりとした現代、その途中の駅、すなわち生もぼんやりし
ているのか。
しかし、いくらぼんやりしていても生と死が途切れることはない。
見えなくなることはない。
だから彼の言葉にある真実が、ページ、ページがぶつかってくるのだ。

僕は本を読んで”負ける”事が好きだ。

”負ける”ってことは認められるということだからだ。

相手を、自分を認められるからだ。

そこから築けるものがあるからだ、気付けることがあるからなんだ。


|

« このひとたちの 音は言葉は | トップページ | つまり僕の現在と未来に属する理念だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/9725326

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は本を読んで”負ける”事が好きだ。:

« このひとたちの 音は言葉は | トップページ | つまり僕の現在と未来に属する理念だ。 »