« ヘリウムネオン | トップページ | 盲目のカメレオン »

2007.12.01

からみからまれからみとる



福をかっこむ熊手に呼ばれて

福よりさきに人が集まる。

柏手をかき消すほどの威勢の良い手締め。


シャンシャンシャン
シャンシャンシャン
シャシャシャンシャン

ははは

みんな、神頼みよりも積極的に

シャシャシャンシャン!

のってのせられ
買って買わされ交わされる

その一切が

花園神社を包む。

見せ物の由緒を語るおかしな見世物小屋。

歴史ある正しき由緒がいかがわしさを加速する矛盾が楽しくて。

あの、

だまし、だまされ
含まれたそんな意味の共犯関係が

蛇女
頭が2つある赤ん坊。

あの絶妙なスパイスがあれば日本は大丈夫。

軒に出ている屋台にこしかけ、

威勢のよいおかあちゃんと
足下もおぼつかないダメ亭主。

あの微妙なバランスがあれば日本は大丈夫。

神社をあとに暖をとりにスターバックスへ。

ところが閉店。

寒くて寒くて。

その3F

寒さがあと押す扉押す。

カウンターバー。

女だった旦那さん
男だった嫁さん

切り盛りしている艶っぽさで。

外の寒さも手伝って

そこはあたかも暖かい乗り合いの客室のようで。

悲しい孤独を助けてくれる、明るい打算が

なんだかうれしいよ。

矛盾をこっそり店員にわからぬようにすっと懐に。

そんな共犯関係。

「なんでそんなもの盗んだのよ」

「だって、君も盗んでいたからさ」

笑顔と涙との絶妙なグラデーション

さらにそれをもう一回。

涙を笑顔にかえる、そんなグラデーションを。

さあさあ夜も更けました

さあさあ。

さあ。

|

« ヘリウムネオン | トップページ | 盲目のカメレオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/17240550

この記事へのトラックバック一覧です: からみからまれからみとる:

« ヘリウムネオン | トップページ | 盲目のカメレオン »