« contrail | トップページ | 世界の涯、僕の名前、物語のはじまり。 »

2008.02.27

赤い月、蒼い蟹



雲ひとつない



だけれど



星ひとつ見えない



風ひとつ吹かない



だけれど



生暖かい空気がまとわりつく



不思議な夜だった。



・・・



暗闇を切り裂くような
西洋の城の双璧となるような頑強な塔のような建物が突如現れる。



そして、
静寂をねじ伏せるような、調子の良い軽口が突如僕らに投げかけられる。



「おにいさん、寄って行きなよ」
「ここの料理は最高さ」



「どんな料理が売りなんだい?」



「そんなもん知りゃしねえよ。」
「食べてくのか?いらねえのか?いらねえならとっとと消えな!
後ろのお客さんたちの我慢も限界だぜ?!」



気付くと、僕らの後ろには無言の皆同じ色の外套を羽織ったのっぺらぼうが
長蛇の列を作って順番待ちをしている。
たしかに、表情なんて作れないはずなのに、いらだちをどこからともなく
発しているのがはっきりわかった。



口のない彼らに、どんな料理をサーブするっていうのか。



向き直り、気付くと、連れの腕を掴んでその調子の良いぽん引きは
すでに、建物の扉を開けて入っていってしまっている。



ふと、考える。



連れの顔はどんな顔だっけか?
まさかのっぺらぼうじゃああるまいか?



じりじりと、のっぺらぼうの列に押し込まれ、僕もその建物に入れられる。



当然。



入った途端に扉はその図体からは想像しがたいソプラノの音を発して
不気味なほど陽気に其の役割を忠実に果たしのっぺらぼうの列を尻目に
そのものものしい図体で外の世界を閉め出しにかかる。



入ると



そこには屋根がなく、いままで確実になかった



あるはずのない月がこうこうと僕らを照らしていた。



それは



禍々しいほどに赤く、その発する光線は寒気がするほどに蒼かった。



仮にメデューサに睨まれたら、その光線はこんな感じなんだろう、



ふと、自分のまわり全てが石になってしまっている錯覚に襲われるほど

動きがないことに気付く。

音すら石になってしまったかのようにその建物は音という音も奪われていた。



そして、歩みを進めると、



ぴちゃぴちゃ
ひたひた



と一面が水で濡れていることに気付く。



丁度、コップの表面張力をためして、コップの縁より浮き出たくらいの
厚さの水の膜がすべてを覆っているようだった。



通された席もずぶぬれで、

それでも、給仕は椅子を引き、僕らを座らせる。

ナプキンもずぶぬれで、磯の香りがした。



ふと、目の端が動いたなにかを捕らえる。



それはとても素早く、端から端へ



カサカサカサカサ


と横切って行った

カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ
カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ



それは蟹だった。



手にのるくらいの大きさで

それ右腕には、明確に研がれている鋏を持っていた。
それは確実に刃物の領域だった。

そして、柱と思っていたものからは特大の蟹が現れた。



それは月にとどきそうなほどの巨躯をゆっくりと動かし、
月の光が良くあたるように苦心していた。



その鋏は岩のようなつよさ、ボリュームを兼ね備えていた。
それは確実に鈍器の領域だった。



そいつらは息をのむほどの鮮やかな青色をしていた。
晴れ晴れとした青ではなく、吸い込まれそうな、海底へと続いているような青だった。
しかし、どの蟹も色味が微妙に、しかし、目にわかるほど違い、
それぞれ種類が違うのではないかと思うほどだった。




「どっちにやられるのもお勧めはしないね、残酷なことにゃあかわらんからね。」
「普段はほとんどやつら顔を出さないけれど、あんなにお月さんが
顔をだしてくれちゃあ、やつらが出てくるのも当然ってものだよ。」



「あんたら運がいいね、本当にあのお月さんが出たら、潮は引かないし
蟹もいなくなりゃしないよ。」



ほんとうに迷惑なほどに饒舌だった彼の舌も



料理の話になるとぴたりと止まった。



「まってろ今作ってるから」



まだ注文もしてなければ、メニューも見ていないのに。



だけれど、すでにそんなことを要求しても、無駄であることを
すでに適合した僕は分かっていた。



だけれど、一刻もはやくこの建物から出たかった。



すると、それを察したように、小さな方の種類の蟹が、
僕のテーブルの横に集まり、どんどんどんどん、積み重なり、
塚を作り始めた。



「これを昇って逃げられるかもしれない。」



そう思い僕は蟹を踏みつけ上空へ登り始めた。



登れば登るほど月も昇った。


蟹たちもせっせと登ってくれていた。



だけれど光はさらに強くなり、僕の身体も蟹のようにだんだんと蒼くなって
きた。



気付くと僕は動けなくなっていた。
首を動かすことも
目すら不可能だった。



だけれど不思議なことに、全身が群青色になっていることを
僕ははっきりと実感することができたのだ。


|

« contrail | トップページ | 世界の涯、僕の名前、物語のはじまり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/40284952

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い月、蒼い蟹:

« contrail | トップページ | 世界の涯、僕の名前、物語のはじまり。 »