« 宇宙服ごしのキス。潜水服を着ての性交。 | トップページ | 喜劇の悲劇 »

2008.04.05

世界の終わりからはじまる物語


  「たしかに、あなたの作品の中には、まさに異常な率直さがある」
   彼女は言った。
  「あなたの生い立ちになにか変った事件があったのか、
   受けた教育に由来するのかはわからないけど、
   こんな人間が同世代にふたりと生まれることはないでしょう。

   たしかに、あなたが人々を必要とする以上に、
   人々はあなたを必要としている。
   少なくとも、私の世代の人間には必要だわ。
   でも数年後には、状況も変ってくる。

   あなたも私の働いている雑誌を知っているでしょう。

   私たちが創りだそうとしているものは、
   まがいものの、薄っぺらな人間なの。
   それはもはや真面目ににも、
   ユーモラスにもなれない人間、
   やけくそになって
   死ぬまで娯楽やセックスを求める人間よ。
   一生キッズでありつづける世代。
   私たちはそういう人間をきっと創りあげるでしょう。
   そしてその世界には、
   もはやあなたの居場所はない。」

       『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック著



立て続けに

世界の終わりからはじまる物語を読んだ。

しかし、
もはや、僕らには世界の終わりを起点とした物語なんて
はじめられないのではないだろうか。

僕らは簡単に10年なんて年月を浪費できる。
時間と僕らとの軋轢からできたサミシさを
僕らはちゃんと味わえているのだろうか。

時の震えもなくしてしまうような、
時の流れている証明である音も光も見失ってしまうような
そんなキスができているのだろうか。

生涯で心臓が脈打つ数は決まっている。
生涯で感じる事のできる刺激の量もきまっている。

僕らはそれを生涯で使い切れているのだろうか。

太陽の光にあたり皮膚を焦がすように
月の光に照らされて心の表面を焦がすことがあるだろうか。

最近

自分の感覚を頼りにしたことがあるだろうか。

理屈があてにならい、と気付いた時、半ば神頼みのように感覚を頼るような
消極的なものではなく、積極的に頼りにしたことがあるだろうか。


満月の晩。
湖岸を蓮の葉であしらったあの湖で
Big fishが湖面の月を仕留めようと豪快なジャンプをする。

他に動くものは湖面の月以外なにもなかった。

その湖は海よりも広かった。

あなたの欠落という物語を見せて下さい。

きっとやさしく愛撫してあげよう。

絶対に合わない符牒のような
わたしの欠如という物語をあなたの欠落の穴に嵌めてあげよう。



|

« 宇宙服ごしのキス。潜水服を着ての性交。 | トップページ | 喜劇の悲劇 »

コメント

トラックバックありがとうございました。
ミシェル・ウエルベックは、読みたい読みたいと思いつつ、まだ読んでいません。映画『素粒子』を観てさらに、「読まねば」の思い強くしたのですが、なかなか怠惰で……。
こちらのblogを拝見して、またさらに読みたくなりました!

投稿: chiyo | 2008.04.05 14:13

chiyoさん

コメントありがとうございます。
時にばかばかしくて、身につまされる。
救いがないようで、それが微妙なやさしさになり。

男の性的なばかばかしさ
女の性的に達観しているようで、老いたいする絶望。

文学からもSFからも排斥されるこの小説を

僕は気に入ってしまったのです。

人は選びますが、選ばれたらさくっといっきに読めますよ。

投稿: Anonymous | 2008.04.05 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/40769206

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の終わりからはじまる物語:

» 『素粒子』ミシェル・ウエルベック [M's BOOKcaSe]
♪ 一次元ってなんなんだろう? 二次元ってどんなんだろう? 三次元っていったいなにさ? ┐(  ̄ー ̄)┌ バカ…? てゆーか、これだけでも精一杯なのに 四次元とか五次元とかのこと考えちゃったりしたら あまりの分からなさ加減に怒りを覚えたりしませんか。 しませんよね、そ..... [続きを読む]

受信: 2008.04.05 20:53

« 宇宙服ごしのキス。潜水服を着ての性交。 | トップページ | 喜劇の悲劇 »