« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.25

契ることが目的で守ることなんて二の次なのさ。





「心中」

心中(しんじ(ぢ)ゅう)は、相愛の二人が一緒に自殺すること。
情死。
転じて2人以上で一緒に自殺することにも用いる。
正確に意訳できる英単語はなく、大和民族独自の死生観と言われる。
心中とは他人に対して義理立てをする意味で用いられていた
(心中立。しんじゅうだて)が、江戸時代には、
刺青や切指等の行為と同様に男女の相愛を意味するようになる。

心中立には、
誓詞(せいし)、
放爪(ほうそう)、
断髪、
入れ墨、
切り指、
貫肉
があった。


日本独自といえば「粋」が有名だが、
「心中」もそうらしい。

江戸時代社会現象にもなり、禁止令もでた「心中」に
いたく共感するのは
その生をもって思いを云々する、というところではない。

それは

closedな関係を欲している

というところだ。

友達の友達、その友達なんていうふうに広がって行く友好関係を陽
とするならば、こちらは陰。

僕は確実に陰の関係に重きをおく傾向にあるし
それが強まっている自覚もある。

その2人逢う以外になんの生産性もない関係に憧れて、
ともかく、約束を契りたくて
血を流し、涙をながし。
それが蔓延する社会。

そんな社会が危ういかというと、実はそれでも飄々と生き延びる
生命力も持っている。

契りは契約ではなく、
契りは将来の心変わりを罰する番人ではない。
契りはまさにその交わした瞬間の心の証明、ただそれだけである。

だからこそ、
未来のどんな悲劇だって

傷つき、傷さへも糧に。
涙で、苗を育て。

誇りになんて思わない。
でも、
ぢっと自分の手をみてその血潮を思うとき
自分の中に同じ物が流れていると
しみじみ思う事がある。

それがなにかの証明であるかのように。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.22

スタイル





年をとりゃあさあ

スタイルもかわる。
ひっこんでたもんがでっぱったりさ。
重力と癒着関係になったりさ。

そう、スタイルって変るんだよ。

変るからスタイルなんだよ。

ライフスタイル

とか

ビジネススタイル

とか

決めちゃうってことは、変化をとめるってこと。

矛盾はそこに潜んでいる。

スタイルはセンスだと思う。

それは波になんなりと乗れるとかそーゆーことだ。

それも大事だ。

でも、それだけじゃきっとだめなんだ。

そこに波がこなくなるってことだってあり得るんだし。

もっと根源的ななにかを探ろうとするとき

僕は本を読み

よくわからない文章を書きたくなる。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

プラチナブルー=イグアナ




そのうらさびれた山里の
街のはずれのポストよりもさらにはずれのタバコ屋の
主であるヘンリーは
数年前から
自分に禁煙を課すとともに
自分の店にも禁煙令を敷いていた。

街を通り抜けるトラックの窓から投げ捨てられた雑誌の
とある記事が事の発端だった。

都会で今時の分別のある上流の人々は
もう、タバコなんて吸わないのだそうな。
都会で今時の綺麗な麗しい婦人は
もう、タバコなんて害悪としか思っていないそうな。

ヘンリーはその雑誌をすぐに炉にくべて灰にしてしまった。

それを他の街の輩で、つまりは客となる人間に
読ませたくなかったからだろうか?
皆が読んでタバコの売上が減るのを恐れたからであろうか?
それだったら、ヘンリーは今、こんなにもタバコを嫌ってはいまい。

ヘンリーはひとり、タバコを辞め、その理由を誰にも明かさなかった。
自分だけが上等な人間だとタバコを買い求めてくる輩を侮蔑の表情で
そのタバコを選んでいる背中を突き刺すような眼差しで眺めていたものだ。

ヘンリーの優越感は営業時間中は充たされ続けた。
そりゃあそうだ、みんな侮蔑されるためにその店にやってくるようなものなんだから。
ヘンリーの客への態度は横柄そのものだ。
ヘンリーのタバコの知識は増える事はなかった。

それと合わせて
ヘンリーには客を侮蔑する理由がもう1つあった。
ヘンリーはよく、店先にベンチを出しては客とチェスに興じていた。
店を出してからヘンリーは負けたことのないほどの腕前だった。
もし負けることがあれば長らく負かした相手はタバコをタダで手に入れられる
そういうことになっていた。

試合中に相手がタバコを吸おうとすると、にらみをきかせたが、
相手が劣勢になるとそれを許した。
その時がもっとも相手を侮蔑でき、優越の快感を得られるのだった。

そんなある日。

街に見た事もないような、大きな車がやってきた。
黒塗りで、中に浮いているように物音1つしなかった。
ボディの黒は暗黒世界への合わせ鏡のようで
宮廷の御車のようだった。
その車が一旦街中で停まり、側を歩いていた鍛冶屋の娘を呼び止めて
なにかを話していた。
その話はすぐに終わったが、その娘は見た事も無いような輝きを放つ
ネックレスを手にして放心状態だった。

黒塗りの御車はヘンリーの前で停まり、
中から、タキシードを着た紳士が、懐中時計で時間を気にしながら、
映画女優のプロマイドよりも美しい貴婦人を伴って店に入ってきた。

「突然に失礼するよ」
「プラチナブルー=イグアナのミントフレーバを私と彼女に頂けないかね?」

ヘンリーはすっかり驚いてしまった。

こんな都会人がなんでまた野蛮なタバコなんかを所望しているのか?
それにプラチナなんたらなんていうタバコは聞いた事がなかったのだ。
「プラチナなんとか、ってのはタバコなんですかい??」
ヘンリーが空白の間に耐えられずおずおずと紳士に問うてみた。

「なんと?タバコ屋なのにプラチナブルー=イグアナが置いてないとな?」

「貴方、もしかしたら、田舎のほうじゃあ知らないんじゃなくって? 申し訳ないわ」

「ねえ、タバコ屋さんプラチナブルー=イグアナはここらでは流通していないの
かしら?今シティでは一番の流行のタバコの銘柄ですのよ?」

ヘンリーはなにがなんだかわからなくなってうろたえていた。
「流行るって都会では今タバコが流行っているのですか?」

「ははは!君は変っているね!タバコ自体に流行廃りもあるかい!」
「パン自体に流行があるかね?コーヒー自体に?牛乳自体に??
こりゃあ面白い!!」

紳士は古ぼけた店内を興味津々に見て回って、軒先のチェスボードに気がついた。
「おっと、チェスがあるじゃないか?だれか打てる人はいるのかい?
ひさしぶりにやってみたくなったよ!」

紳士はそう言い終わるやいなや、ドアを開けすでに軒先のベンチに坐り、
駒を並べはじめていた。

「貴方!ご迷惑よ?それに、私たち急がなきゃパーティに遅れてしまわないこと?!」

ヘンリーはこんな紳士を打ち負かせるとは!とすでに勝った気分で
急いで店先に躍り出た。
綺麗な麗人に「すぐに終わりますからお待ち下さい」
と言いたくて言いたくてたまらなかったが ヘンリーはそれを笑いと一緒に堪えていた。

「私がこの街で一番巧いと言われてます」
ヘンリーは紳士の向かい側に坐り、対戦はすぐにはじまった。

「おや、ずいぶんと古典的な駒使いだね、守備と攻めが6:4か。
このごろシティでは、そんなに守りに割かないもんなんだよ。そもそも攻めと守りは
流動的にやらないと」

ヘンリーがいつもつくっている守りのパターンはすでにくずされつつあった。
「ほら、ごらんよ。私はビショップとポーン3つが守りの要だ。それだけなんだよ」
ヘンリーはその顔を見る余裕すらなかった。

「おっと、これでチェックメイトだ!
タバコ屋にきて、タバコを吸う余裕さえなかったな。
色々古き良きタバコがあったけど、
やはり今はプラチナブルー=イグアナなんだよ。
なにも買わずにチェスに付き合わせてしまって済まんね。
これはチップがわりだ。
はしたないと思われるかもしれないけれど、取っておいてくれないかね。
これはお願いの部類だよ」

紳士淑女はうれしそうに振り向きもせず黒塗りに乗り込み
黒塗りは音も立てずに街を後にして行った。




| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »