« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.03.25

みんなこの想像力をどう処理しているというのだろうか?





大好きな作家はポール・オースターだと
宣言することができる。

だけれど、一番頭の中をぐるぐるまわるのは
と言われると
ミシェル・ウエルベックなんだと思う。

ゆがみっぷりといい
性への倒錯といい
まるでむきだしの性器よろしく シニカルに愛と性と生を語る
孤独と性をもてあまし
「自慰」というよりはむしろ「オナニー」な作風が。
都合良く美女とセックスをする主人公。
それでも充たされない有限な自分という有機体。
精液を垂れ流した後に謳歌する愛と言うドラッグがきれた
あとの寂寥の禁断症状を。

気違いじみた小説は
時には神経質過ぎる尖り過ぎたペンシルで。
時には文字が読めないような太めの筆を使って。
ウエルベックの小説を読み終えたその時って
オナニーの後のティッシュとの語らいに近い。
静寂な、性的で静的な沈黙。
孤独と無音と。

ウエルベックは、100%的中する予言を 僕に与えたもうた。

とある主人公は名声も金も美女も手に入れたが 恐れていた。
自分が年老いて年老いて
性的に不能になったあとの自分自身を。
それを想像し、ブルブルと震えるのだ。
世間を包む、メインテーマの「愛」からはじきだされ
マイノリティになった、
もう抜け出すことができないカーストの末端に押し込められた
自分を想像して煩悶してもがいて精液と涙をを垂れ流し。

僕は
性というものに振り回され
苦しんでいるそぶりをみせているが
性のスイッチが切れたあとに、それを嬉々として受け入れられるのか。
性が与えてくれるやすらぎの替わりを僕はその時見つけているのだろうか。

男と女という二項対立という世界原理を解体し
僕は一体どんな世界を見ているのか。
どんな体で綺麗な浜辺に立っていられるのか。
そんなことに煩悶を繰り返すのだ。

こんなことでぐるぐると思考を空転させ、自分自身のことしか
考エラレナイのかと 人は眉をひそめるのか。
こんなどんなどうしようもない想像力をみんな、
どんなふうに処理してるっていうのだ?

個にこだわるなんて流行じゃないとでも口笛でもふけば
なんとなくやりすごせるのか?

ああ、それはだめだ。
だって、僕は、口笛がふけないのだもの。

だけれどさ、想像してみようよ。
仕事もリタイアして、
性的スイッチもオフにして
ガード下の赤提灯で、独りポツンと飲んでいるっていう
あからさまな寂しさの ポーズをとってみたって、

その時にはさ、だれもだれもかれもかのじょも
救う術なんてしらないんだ。
神様は
性的に、つまりは繁殖という生命のシステムからすでに
その個体を除外している。
つまりその時事実的には僕は神様に スポイルされている。

それに抗って、その個体は
昨日と同じく、5年前と同じく20年前と同じく
それを維持するために食物を噛み砕き、咀嚼し、消化するという
一連の生命維持のためのシステムのスイッチをオフしようとなんて
考えない。

ああ、そうか。
神とか世界とかをしっかり考えられるようになるのって
神から世界からスポイルされて

あとはそれらから、脳という考えるシステムを奪われる
その間際にならないと
本当の意味では不可能なのではないかな。
それが、不能者の生きる意味ってやつなのかもしれない。

水を飲もうとして水をこぼした。
絨毯に広がる水と転がるタンブラー。
絨毯からダスターで水を拭う。
布にひろがった水はタンブラーに収まっていた時よりも
やたらにその冷たさを主張している。





| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.03.09

トランペットとマネキンは同じ色をしていた。




いつのまにか



空が沈黙というものに取って代わられていた。
鳥が飛べなくなってしまって始めて皆その異変に気付いたのだった。
それは何世紀か昔のシャンパンゴールドのような色味だった。
それは共鳴音を出す間際の金属のような緊張を称えていた。



それは打楽器のような、例えばドラムのような地に属する音ではない。
腹の底に響くヤツではない。



それはもっと高音で耳にくるヤツに違いない。
それが始まってしまったら
元空だったものには断層ができ、雨の代わりに我々に降り注ぐだろう
と容易に想像ができた。
ただ、それは硬いのか柔らかいのか、熱いのか冷たいのか。
降り注ぐ沈黙は、我々にとっては比喩の世界の住人でしかなく、
それを想像する術を知らなかった。
それは空に浮くだけでなにもしてこない宇宙船と対峙している状態と似ていた。
沈黙の静けさと好対照に民衆のざわめきは大きくなってきた。



数日後



調理師見習いのせむし男が逮捕された。
手には沈黙と同じ色をしたシャンパンゴールドのトランペットを持っていた。
それを吹こうと天に向かって突き上げた時、逮捕されたのだ。
取調室では執拗な尋問が続いていた。
沈黙の緊張に耐えかねた暴徒に対するスケープゴートにしようというのだ。



「あの人に、麗しいあの人に、オレが捧げられる一番美しいものを
 捧げたかった、それだけ」



せむし男は同じ内容を拙い語彙を駆使して何百通りも繰り返すだけだった。
おどしを飲み込む知性もなく、
体罰に悲鳴をあげるほど身体も敏感ではなかった。
警察はその「麗しいあの人」に打開策を求めた。
その情報はすぐに見つけられたし、本人もすぐに見つかった。



石畳の3叉路の真ん中に、蛍光の黄色の痛んだ髪をした人がその人だった。
彼女は繊細、優雅、重厚なロココ調の素晴らしい出来の椅子に背もたれを前にして、
その歴史と気品を押さえつけるように馬乗りになって坐っていた。
その姿は粗野で厚ぼったくボンデージで締め付けられている肉はもとは
どこの肉だかわからないほどに矯正され随所にはみ出していた。
椅子は完全に彼女に組み敷かれていた。
彼女は醜かった。
ただし、そんな個人の感想レベルの感性なんてこの場で役に立たないくらい
彼女を取り巻いた警官たちにもわかったようだった。
寒いのか暑いのかわからなかった。
不快なのか快感なのかわからなかった。
ただし、その居心地の悪さの源は全て彼女にある、そう思わざるを得ない
風格を彼女は持っていた。
そんな不安定から解放されるには、彼女の前で屈辱的に見える姿で
うずくまる美男子のように彼女のとにかく慈悲を乞う以外にない、
そう思わざるを得ない妖気を彼女は持っていた。
それは素晴らしいボンデージ姿だった。



「どうせ、あいつは「お前の一番醜いとこはその醜い姿に隠れてる貧相な心だ」、
って言ったことについてうれしがっているんだろ?」



「あいつの性感帯は姿形以外ならどこだって。ウブで敏感なのさ。」
「滑稽で哀しいだろ?」



麗しき人は、左手にもっていた鞭を高々と振り上げ、首輪をはめられ、
全裸でうずくまっている男に振り落とした。
それは奇怪なほど高音で哀しい音で周囲を切り裂いた。
それは沈黙に傷をつけ、
沈黙は涙となって世界に降り注いだ。



沈黙が剥げた後にはがらんどうがあるのみで、
世界は涙で溢れた。



世界遺産の水中都市には
何世紀か昔のシャンパンゴールドのような市民の像がここかしこに散乱しているが、
それは寂れた地方都市のデパートの裏側にほおり捨てられたマネキン風情でしかなく。
たちの悪い現代アートのくずのようでしかなかった。



沈黙も哀しみも

すでにシャンパンのアルコールのようにとっくに飛んでしまっていた。




| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.03.03

死ななきゃなれない冒険家




冒険家は冒険途中に死ぬべきらしい。
カフェで隣の席の
おっさんが熱くなっていた。

そういう意味ではね。
現代冒険をするにあたり
人類に必要なものってなんだかわかるかい??

それは
勇気?
好奇心?

そりゃそうなんだけれどね
それはインフラさ。
単独行ができる環境さ。
むき出しになれる環境さ。
北極にね
橇と毛皮と、あとウィスキー
みたいなね。

宇宙?
まだまだ未開で未熟だから冒険なんてできやしないよ。
ん?
未開だから未熟だから冒険できるんじゃないかって??
それじゃあ君は宇宙に単独行でいけるのかい?
むきだしになれるのかい?
NASAの管制塔なんかとアメリカンジョークなんて
いってちゃあだめなんだぜ?
アポロ13は別の勇敢なんだぜ?

SFなんてもんが20世紀になってなんでしきりに描かれたかわかるかい?
それはむきだしになりたかったのさ。
まどろっこしかったんだよ、宇宙でむきだしになれるほどの
技術が進歩するのを待つのが。

おっと話がそれたね。

そのおっさんの言い分ってなかなか示唆に富んでいて難しいことを
扱ってるのだ。

冒険家は冒険途中に死ぬべきらしい。

冒険ってのは純粋なことを言ってしまえばね
見た事も聞いた事も想像した事もないリスクを取るってことだとしたら、
きっと
冒険家は人生で一回しか冒険なんてできないんじゃないのか?
ってことが頭をよぎるのさ。
二回目からは一回目の追体験なんじゃないか?
「前よりも危険なリスクを!」と考えたとき、自分でリスクを
作ってしまうのではないか?

そうするっていうと、そのおっさんの理論を突き詰めて行くと
「冒険家は最初の冒険途中に死ぬべきらしい。」
ってことになるね。

○○家って専門家ぶってそれでお金を稼いじゃったら
冒険家なんて言ってしまったら、汚れちゃうんちゃいますか?
おっとそもそも論だけど
こんな話カフェでカフェラテ飲みながら離すことじゃなかったね。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »