« トランペットとマネキンは同じ色をしていた。 | トップページ | グランド・ゼロ »

2009.03.25

みんなこの想像力をどう処理しているというのだろうか?





大好きな作家はポール・オースターだと
宣言することができる。

だけれど、一番頭の中をぐるぐるまわるのは
と言われると
ミシェル・ウエルベックなんだと思う。

ゆがみっぷりといい
性への倒錯といい
まるでむきだしの性器よろしく シニカルに愛と性と生を語る
孤独と性をもてあまし
「自慰」というよりはむしろ「オナニー」な作風が。
都合良く美女とセックスをする主人公。
それでも充たされない有限な自分という有機体。
精液を垂れ流した後に謳歌する愛と言うドラッグがきれた
あとの寂寥の禁断症状を。

気違いじみた小説は
時には神経質過ぎる尖り過ぎたペンシルで。
時には文字が読めないような太めの筆を使って。
ウエルベックの小説を読み終えたその時って
オナニーの後のティッシュとの語らいに近い。
静寂な、性的で静的な沈黙。
孤独と無音と。

ウエルベックは、100%的中する予言を 僕に与えたもうた。

とある主人公は名声も金も美女も手に入れたが 恐れていた。
自分が年老いて年老いて
性的に不能になったあとの自分自身を。
それを想像し、ブルブルと震えるのだ。
世間を包む、メインテーマの「愛」からはじきだされ
マイノリティになった、
もう抜け出すことができないカーストの末端に押し込められた
自分を想像して煩悶してもがいて精液と涙をを垂れ流し。

僕は
性というものに振り回され
苦しんでいるそぶりをみせているが
性のスイッチが切れたあとに、それを嬉々として受け入れられるのか。
性が与えてくれるやすらぎの替わりを僕はその時見つけているのだろうか。

男と女という二項対立という世界原理を解体し
僕は一体どんな世界を見ているのか。
どんな体で綺麗な浜辺に立っていられるのか。
そんなことに煩悶を繰り返すのだ。

こんなことでぐるぐると思考を空転させ、自分自身のことしか
考エラレナイのかと 人は眉をひそめるのか。
こんなどんなどうしようもない想像力をみんな、
どんなふうに処理してるっていうのだ?

個にこだわるなんて流行じゃないとでも口笛でもふけば
なんとなくやりすごせるのか?

ああ、それはだめだ。
だって、僕は、口笛がふけないのだもの。

だけれどさ、想像してみようよ。
仕事もリタイアして、
性的スイッチもオフにして
ガード下の赤提灯で、独りポツンと飲んでいるっていう
あからさまな寂しさの ポーズをとってみたって、

その時にはさ、だれもだれもかれもかのじょも
救う術なんてしらないんだ。
神様は
性的に、つまりは繁殖という生命のシステムからすでに
その個体を除外している。
つまりその時事実的には僕は神様に スポイルされている。

それに抗って、その個体は
昨日と同じく、5年前と同じく20年前と同じく
それを維持するために食物を噛み砕き、咀嚼し、消化するという
一連の生命維持のためのシステムのスイッチをオフしようとなんて
考えない。

ああ、そうか。
神とか世界とかをしっかり考えられるようになるのって
神から世界からスポイルされて

あとはそれらから、脳という考えるシステムを奪われる
その間際にならないと
本当の意味では不可能なのではないかな。
それが、不能者の生きる意味ってやつなのかもしれない。

水を飲もうとして水をこぼした。
絨毯に広がる水と転がるタンブラー。
絨毯からダスターで水を拭う。
布にひろがった水はタンブラーに収まっていた時よりも
やたらにその冷たさを主張している。





|

« トランペットとマネキンは同じ色をしていた。 | トップページ | グランド・ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/44466609

この記事へのトラックバック一覧です: みんなこの想像力をどう処理しているというのだろうか?:

» 松葉まどか (早乙女由紀) [松葉まどか (早乙女由紀)]
松葉まどか (早乙女由紀) [続きを読む]

受信: 2009.03.29 14:45

» 川島さおり [川島さおり]
川島さおり [続きを読む]

受信: 2009.03.30 15:01

« トランペットとマネキンは同じ色をしていた。 | トップページ | グランド・ゼロ »