« 夏の日、蝉の声 | トップページ | 手早く欲求を満たす。 »

2009.09.05

いともはかなくこっけいなのさ。


まわれまわれまわれ

くるくるくるくる
ひらひらひらいら

まわれまわれまわれ

きみは

みぎまわりか
ひだりまわりか

そんなことで定義づけられる。

きみは

それが

優雅か
大胆か

そんなことで意義づけられる。

そんなつもりではなかった。
なんて
回転数をさげちゃあいけないぜ。

まわれまわれまわれ

くるくるくるくる
ひらひらひらいら

まわれまわれまわれ

他人の評価なんて主観でみずもの、
でもないんだけどね。

そんなこといってると
きみがかんじてた
「あんなつもり」
ってのも主観でみずもの、だいなしじゃんか。

きみの声を刷り込んだ磁気テープ
きみの声を0/1に叩き割ったオプティカルディスク。

ああ、きみが走っている姿でもなんでもいいんだよ。
最高に相手を愛している時のセックスだってさ。
そんな冷血な客観的なアンパイアに判定してもらってごらんよ。

きみはなにやったってこっけいさ。

じぶんのなかの

最高の歌声だって
最速の疾走だって
最愛の遊戯だって

じぶんのつもりは

いともはかなくこっけいなのさ。

まわれまわれまわれ

くるくるくるくる
ひらひらひらいら

まわれまわれまわれ

息が切れるまで?
相手に打ちのめされるまで?

いんや。

きみの想いが続くまで。
きみのイメージが膨らむかぎり。

まわれまわれ。


|

« 夏の日、蝉の声 | トップページ | 手早く欲求を満たす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/46124701

この記事へのトラックバック一覧です: いともはかなくこっけいなのさ。:

« 夏の日、蝉の声 | トップページ | 手早く欲求を満たす。 »