« いともはかなくこっけいなのさ。 | トップページ | オークと葦 »

2009.09.12

手早く欲求を満たす。


とある政治家がこういった


 民主主義は時間がかかる。
 かかるだけならまだましだが、
 かかるだけでなにも変わらない。


与党は芸能界ばりのスキャンダルの答弁に窮することに慣れ
野党はヤジに安定感すら覚える。



世界は政治家ひとりでまわせるわけではないけれど
時勢にのれば、ひとつの軸となることはあり得る。


そんな例をはるかケネディにまで求めなければならない現状を
政治家はいつまで続けていくのだろうか。


アメリカのセックスシンボルとよばれたモンローとのスキャンダルのような
熱い夜をすごせるセクシーはそこにあるのだろうか。




ハリウッド映画



18禁なんかよりも、アニメが原作のものがはやっている。
それは世に問う形に問題がある。
18禁のきわどい表現や性描写が問題なのではない。
視聴者から子供を排除することが問題なのだ。

子供を引率する親と、それを勘定にいれないと
制作費がペイできないのだ。


エロはネットで、ブロードウェイは漫画で。


これは常識なのだ。


市場経済下での基本の基本


費用対効果。


映画でもなんでも
例えば視聴後「すっきりしない」という人がいる。

そうなんだ?
すっきりしたかったんだ?

1800円払って、あなたはすっきりしたかったんだ。
感動したかったんだ。
感動して涙を流したかったわけだ。
しかも、涙するという形は満たされるという実感をもつのにわかりやすいのだ。


最近小説のレビューで、辛口で攻めると書いている人の文章を読んだ。

「そもそもこういうタイプの男は嫌いなんだ」と主人公をけなした
結果、その作品を中身がない駄作と切ってすてていた。

そうか、あなたは物語に感情移入して、あたかも主人公のようになりたかったんだ?


プロジェクトのコンセプトを考える。


「誰が読んでも理解できる、わかりやすさを!」
社長からいつもいわれる。
その度に本を開き旅に出たくなる。
誰ともシェアできない、自分だけが感じ取った登場人物の心のひだに触れたいと思う。



裸の女神は

全てを許すとにじりよる。
欲求をすべてぶちまけていいと言い寄る。
精子だろうが身勝手な欲望だろうがすべて飲み干してあげると
すべてを欲しがる。
僕は夢中でセックスに明け暮れる。
僕は性に縛られていると思っていた。
しかし、それは氷山の一角でしかなかった。


欲望のわかりやすいカッティングエッジでしかなかった。


感覚が五感に限定されているように

欲望もそうであることに気がつく。


純粋に性欲だけが強い人ってどのくらいいるのだろう?

政治家が金と権力で女を買う場合、
彼は性欲を感じているのだろうか?
支配欲などの権力を感じているのではないだろうか?
その場合むしろ、彼は金を払わないと勃起しないのではないだろうか?



僕は

彼女が要求しているものがようやく見えてくる。

性欲なんて陳腐なものじゃないのだ。

もっと根源的なもの。

もっと複雑な欲のかたちを提示しろといっているのだ。



JFKのファックにモンローは権力を感じたのかもしれない。
ケネディはパワーをセックスに変換できるセンスがあったのかもしれない。
しかも、射精という形は満たされるという実感をもつのにわかりやすいのだ。



僕は

自分の欲と女神から逃げ出した。

僕は

いったいなにが欲しいっていうんだろう。




|

« いともはかなくこっけいなのさ。 | トップページ | オークと葦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18534/46194565

この記事へのトラックバック一覧です: 手早く欲求を満たす。:

« いともはかなくこっけいなのさ。 | トップページ | オークと葦 »