2006.10.15

物語りの種


僕はあるとき

種を見つけた。


ちっちゃくて貧相な種だった。

それは葉も茂らさず、花も咲かせない。

ただ、ただ

強靱な蔓と幹で僕を縛り上げた。


その種には日の光も水の恵みも必要無い

ただ、ただ

僕の時間と共にあれば、それですくすくと育った。

その種の名は

「悩みの種」


というそうな。

それはいつのまにか僕と不可分となり、必要不可欠な僕の一部と化してしまった。

その伸ばした蔓は

焦燥、憂鬱、不安

様々な色形を示し、旺盛に繁茂しはじめた。

その総称を悩みといい、それは僕のそれこそ「種」であった。

それの悩ましいところは


僕の一部と化したくせに

どいつも僕には解決できないものばかりだということだった。
どいつも僕の手には負えないやつばかりだったということだ。

どこか、特定できない箇所で絶えずそれは痛んだ。
どこかもわからず、痛いのかくすぐったいのかもわからないような疼きを僕に与えた。


それに全ての時間を奪われたこともあった。

それらによって

時に欲望の泉がカラカラに乾き飢え
時に欲望の泉に足を取られ溺れた
時に欲望の泉で潤った


時に欲望の炎に身を焦がし
時に欲望の炎で暖をとることもあった
時に欲望の炎で誰かを焼き焦がした

ある時僕は

そんな種に翻弄された後、はじめて

隣の人にもまた、それが埋まり、茂らせていることを知った。


そしてそれこそが

人のその種との格闘が

世に言う「物語り」なのだと知ったのだ。

そして、僕は初めて物語りというものを鑑賞するに至ったのだ。

人はそれとの格闘を、共生を

文字にした
映像にした
音にしたのだ


それらはもちろん全くといっていいほど生産的ではない。

一見無意味にも取れる。


だけど、僕は自分に種が埋まっている限りそれらを旺盛な食欲で
摂取し続けるであろう。

だって、それは衝動に近いものだから。
悩みの種の眠る、震源なんて測りようもない自分の奥底からの
要請だからだ。

作り手も、受け手もそれを共有するために作り、摂取するのだから。

僕はそんな形でしか、自分を操る根源的なものに対処できない人間
というものに哀しさと愛おしさを感じるのだ。


ところで
おとなになり、物語りを摂取しなくなった人がもしいれば、
きっとその人は

「悩み」とよく似たものとのやりとりに始終しているからではないかと
思われる。

それは

「問題」という種である。

この「問題」、「悩み」と根本的に違うところは

自分の中にその種があるか否かである。

「問題」は自分の外部のものなのである。

自分と外部との摩擦のことだから

そこには「解決」「解決策」なんてものが求められるし、
その状況が、外部との関係が終わってしまえば

それは枯れてしまうのだ。

なので「問題」に関する事柄は即時的であり、現代的、時事的なのだ。

社会を越えて、時代を越えてそのまま語り続けられるものはなく

社会が変革すれば、まっさらなものが用意されるのだ。

「問題」という種は焼き捨てるに限るのだ。


おとなになってその処理の仕方の善し悪しが人を評価する規準となる。

それが社会で生きるということだからだ。

だけど、僕は僕の中にある「悩み」の種を如何に育てるか

にも興味があるのだ。

だって、それが

人として生きるということだからだ。


それは決して人に語るなんてものではない

しかし


ここにこんなふうにぽつりと記した独り言を


だれかが共感してくれるほど

勇気を与えてくれることはないのではないか


そう思って


今日もまたここに綴ってしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

ただ、それだけなのだ。

「人はパンのみにて生きるにあらず」
一般にこう言われるのって。。

物質だけではなく精神も重要だ

とか

日々喰うためだけに生きているのではない

とか

ってことが言いたいとき。


だけど、ホントウは


パンだけではいきられないってことなんだ。

精神の崇高さとかそんなきれいごとではなく、

植物が水と光の両方を欲するように、

その精神活動も必要不可欠なんだ。

それがないと生命の根源にかかわる異常を来すことだってあるんだ。

誰かのためになりたい

とか

誰かに認められたい

とか

自分を磨きたいとか

虚栄心とか自尊心とか

もつれたりもたれたり尊敬したり愛でたり叫んだり育んだり想ったり
偲んだり憎んだり奪ったり蔑んだりすがったりかばったり憧れたり
えばったり捧げたりおびえたり奢ったり

云々

そんなこんなもひっくるめた精神活動なんてのは、上等でも崇高でも
なく

パンを食べたり、それを排せつしたりと同じく生理現象なのだ。

ただ、それだけなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.13

そんな無関心を抱えながら

前、勤めていた会社での出来事。

隣の部署の部長が配置変えで勤務先が変わる事となった。
その人は僕の上司の同期で、僕は挨拶を交わす程度で、
喋った事もなかった。

「おい、今日の夜あいてるか?」

上司にそう切り出された。

なにやら、その人と飲みに行くおともをしろってことらしい。

照れ隠しなのかなんなのか全くわからないけど、
でこぼこの三人の飲みがはじまった。

銀座の料亭、おねえちゃんのいるクラブ、そして居酒屋でしめ
という大人(おやじ)の飲みだった。

締めの居酒屋で、その人がこう言った。

「もう2度と会わないだろうけど頑張ってな、まだ若いし」

僕は笑って

「嫌だなあ、おおげさですよ」と返す。

すると、

「もしかして、いつかまた会えるなんて考えてない?2度と会えない
別れなんて日常にいくつも転がってるんだぜ?」

と、その人。

そう、厳密にはそんな別れだらけかもしれない。

ただ、切なくさせたのは、「もう会えない」という事実ではなく

「多分自分はこの人とは2度と会わないのだろうな」と
否定しなかったこと。

その別れをなんのためらいもなく受容したことだった。

そんな無関心を抱えながらふと人恋しくなってしまう。

そんな繰り返しなんだろう、生きるってことは。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

安部広房の「壁」に「壁は登るものではなくよけるもの」
みたいな表記があった。

学生時代の記憶なのであいまいだけど。


僕らの固定概念では壁は乗り越えるものっていうのが一般的だろう。

壁が高いほど燃えるってよくいうしね。


だけど、このごろ思うんだ。

壁って乗り越えなければならないのか?

別にそんな必要はないんじゃないか?

乗り越える
壊す
よける

方法は色々ある。

確かに乗り越えることで達成感は得られるかもしれない。

だけど、壁を乗り越える事が最終目的ではないのではないか?

壁のその先にあるなにかを手に入れる為に、

壁のその先に進むために、壁を乗り越えるのではないか?

もし、乗り越えるのが困難だったら、色々他に前進する手段を講じる。

それが例え他人に逃げだしたと揶揄されようとも、しっかり目的を見据え、前進する。

目先の達成感とか目立つ快感だけを追い求めるのではなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.02

一周忌

オヤジが亡くなって365日が経った。

この一年。

自分の周りで2人の人が亡くなった。

闘病の末亡くなった人。

そして

自らその命を絶った人。

その出来事には意味があった。。等と阿呆臭いことはいうつもりはない。

彼自身にはあったのかもしれない、その意味ってやつが。(前者と後者はあまりにも違うけれど)

僕には明確なものはスパっと言えない。

その出来事について思考すれば必ず途中で断念しなければいけなくなる。
それ以上思考するってことは自分で勝手にその出来事について物語りを作ることに等しくなる、
そんなラインがあるのだ。
それはある意味、その本人を侮辱することにもなる。。

そうではなく、僕は、そんな出来事から、その人との「繋がり」を噛み締めるのだ。
僕の生きているこの社会からその人がいなくなってから「繋がり」を考えるってなんだか不思議だけど、
その人との「繋がり」を感じるのだ。

そう、生きている間決して噛み切ることも、消化することもできない「繋がり」を噛み続けるのだろう。


そしてこの彼、僕を含めた人間っていう種の系譜について思い当たるのです。

脈々と続いてきた、そしてこれからも続けてゆく、多少大袈裟だけど、命の歴史を感じるのです。

人が死ぬことで自分が人間という種の一員であること、社会の一部だと知ること、

そんなものなのだと、しみじみ思い知るのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.27

まったくの正直なんてない

正体もなく

今ここに告白をする

恥もなく

品位もなく

かといつて正直さもなく

私は私の幻想に駆られて

狂い廻る

〜中原中也

まったくの正直なんてない気がする。
傷をなめあうんじゃ無く、かといってそんな正直じゃないこと
を裁くのでもなく。。
そんな友人が欲しい。
今日はちょっと暗め(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.26

酔いしれる

色々な 事象を知りたいと

色々な 心情を推し量ろうと

色々な ものを形作ろうと


人は生きる

過程でここのように人は足跡を刻もうとする

未来予想図を描くように
自分の業績を讃えるように


ある人は

その紙の上だったり電子的な0/1情報の上だったりに酔いしれる事を覚える

実際になにもなされていないまま、なにも現世に生み出さないままに

もしくはあたかも何事かを成し遂げたかのように

それは形作られるから

文章や言葉によって彼、彼女の思考は熱意は


人間はかくも快楽に耽る事ができる 酔う事ができる


昨日書いたことと今日書いたことの振幅さえも

微妙な快楽となって僕を襲う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.15

一生青臭く

「青臭い」って言われてうれしくなるってのは普通ない。
それには「未熟」だとか「世間知らず」だとかというニュアンスが含まれるから。

だけど、僕は一生青臭くいたい、そう思うのです。

それは現状、20代後半でなにか果実を秘めて、育ててなければ逆におかしいと思うからです。
まだ、誰にも馳走できない、けれど着実に育んでいる。
そんな青臭い段階でいいと思うからです。

もし、この年で熟してしまったのであればよっぽど昔から種を蒔いたか、
(スポーツ選手など)
簡単に生ってしまう果実だったのではないでしょうか?

僕は数年前に実をつけたばかり。
それを青臭いといわれれば「熟れたころを楽しみにしていて下さい」と答えるだろう。
(だから食べごろ、夢の実現期日を自分でもわかっていたいとは思います)

もしくは、この年で青臭くないのは実さえ付けていないのではないでしょうか?
実もつけず老人のように。。
「青臭い」ことを言っているやつを鼻で笑いながら。。

そしてもう1つの理由は
人間は植物と違い、多品種の実を色んな時期に付ける事ができるのです。
今熟した実をもちながら他方、ようやく実を付けたものも持っている。

それが可能なのです。

リタイアするころには沢山の実を落とし、それでもなお、青臭い実を持っている。
それでいいのです。

というかそうなりたいのです。
一生色んな実を育て続けていきたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.08

昔っから僕らは空と繋がっているのだろう

今日は週1日の休みでした。
そのほとんどを掃除に費やしました。

ベランダから真っ青な青空が見えます。

普段空なんてみないんですけど、やっぱ夏の青空は大好きです。

昨日も現場のミスから大変なトラブルに発展し、
頭をフル回転させながらオフィスに戻る途中、帰宅途中(怒)の後輩とすれ違いました。

「ずっとまえから気付いてたんですけど、全然気付いてくれなくって
あ〜この人下見てあるいてんな〜ってわかりましたよ〜」

といわれてしまいました。。

まったくトホホです。。


   ...................................................................

話はそれましたが、そうそう、空。

なんでこんなもの好きなのかな〜とか考えたことあります??

あのもくもくと厚みのある入道雲とか。

きっと、大袈裟にいうとD.N.A.に刻み込まれてるんじゃないかなと。

おやじも、おじいも、ひいおじいも。

きっと、太陽の光を浴びて、汗を流しては空を仰いだに違いありません。

空が好きなのはこの地球の中で生きてきた人間である証しなのではないかと。


   ...................................................................


レベル・セブンという小説があります。(宮部みゆきじゃあありません)
日本で発行されたのは1978年。作者はモルデカイ・ロシュワルトという人。

粗筋はアメリカが全面核戦争に備え地下4000フィートに秘密原爆発射基地を
築いた。その名をレベル・セブンという。
そこに送りこまれた押しボタン士官X-127を主人公とした物語り。

家族、恋人等縁者には死亡したと伝えられ、社会的に抹殺され、一生その
密室からでられないという任務を帯びた彼がその地下深い密室に送りこまれて
心配だったのは食糧等ではなく太陽の光がないことだった。

(物語り的には、ある日原爆発射の命令が下り、原爆が発射されます。
下界は*上界か?は死地と化し、その基地にもじわじわと死の灰忍び寄ります。
その死が迫る心理を描いた名作なのです、念のため)

太陽から切り離されるということは自分のルーツから切り離されること。

もしもそんな自体になったら、X-127のように太陽を希求するでしょう。

そんなことを思い、空を眺めると逆に、自分のルーツと繋がっている事を実感して
安心できたりするのです。

だから、なんだかわからないけど空が好きなのでしょう。

昔っから僕らは空と繋がっているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.05

敏と欲し、鈍と欲す

人の気持ちを全て酌んであげられる敏感な人間になりたいと欲する

でも、ある時は

人の気持ちなぞ、全くおかまいなしに我が道を突っ走りたい、
それができる鈍な人間にもなりたいと欲す。

そんな寄せては返す感情は

その振幅は

周りの人に迷惑をかけ

本人をも切り裂く

そして、たまに誰もいない海岸に打ち上げられる

そしてその弱り切った躯はその心は

回復してようがしてまいが、

本人の意志とは関係無しにまた波にさらわれてゆく


もがけばもがくほど溺れてゆくことを知る事

なのでそれに身をまかせることを覚える事

それが年を重ねるということかもしれない

それが最善だと思い知る

その振幅を抑えられた人など、人間の歴史上いたためしがないのだから

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧